JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 1157
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

60才の主人が帯状疱疹になりました。左側おへそから背中までです。すでに1カ月半ほどがたち赤味や痛みはだいぶよくなってきて

ユーザー評価:

60才の主人が帯状疱疹になりました。左側おへそから背中までです。すでに1カ月半ほどがたち赤味や痛みはだいぶよくなってきていますが、お腹の赤味のあたりがパンパンに張って痛いと言います。これも帯状疱疹の症状でしょうか。糖尿病で薬を服用中で、昨年は悪性リンパ腫の再発で3カ月程入院治療していました。免疫力が低下しているので長引いてしまうのでしょうか?

総合診療医のKKと申します。もともとの専門は神経医学です。

【情報リクエスト】

①既に疱疹は消えていますか?

②何科で治療を受けられているのでしょうか? 発症から間を置かずに抗ウイルス薬による治療を開始されましたか?

③診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできませんが、ご記載を拝読する限り、「帯状疱疹後神経痛」である可能性が高いように思われます。主治医からはそのようには説明されていないのでしょうか。現在の病変部位の痛みと腫れに対して、どのような治療を受けておられるでしょう。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
30129;疹はおへそあたりは薄くなってきていますが、脇から背中はまだ赤いです。
8月末に退院してきて9月の中頃に、体中に発疹が出てその時に皮膚科に行きました。乾皮症と言われて塗り薬と飲み薬をもらいました。その時は痛みはなく痒みだけでした。なかなか痒みがひかず11月に入って仕事に復帰。20日頃脇がちょっと痛いと言い出したと思います。22日に近くの内科で見てもらうと、これは帯状疱疹だよ。皮膚科でみてもらうようにいわれました。24日に別の皮膚科に行き、抗ウィルス剤をもらって飲み始めました。だいたい1週間ごとに通って痛み止め、痒みどめ、胃薬、炎症を抑える軟膏をもらっています。はっきり帯状疱疹後神経痛とは言われていないです。
11月末に微熱が続き、明け方になると震えて40ºもの熱がでたりしました。12月に入院先の血液内科の診察が入っていたので全部話し、CTも撮ると肺炎を起こしていました。こちらは1週間でほぼ完治。熱も出なくなりました。

ご返信ありがとうございます。

帯状疱疹は、「子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、神経の付け根に残っていて、体調が悪いと活性化され、1本の神経支配領域に添って」痛みと皮疹が現れてくる疾患です(http://www.e-skin.net/dd_hp.htm より引用)。

痛みが現れる部位がデルマトーム(http://arbor.life.coocan.jp/10derumatomu.html)と呼ばれる脊髄神経の特定の数本の支配領域に限定されるのが特徴です。

また、しばしば誤解を受けますが、「帯状疱疹」という病名に反して、皮疹よりも先に痛みが現れる場合が少なくありません。このため、前記リンク先にも示されているように、そしてご主人がそうであったように、当初は皮膚科以外の診療科を受診されたり、皮膚科を受診しても正しく診断されない患者様が少なくありません。

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-93.html(←クリックして下さい)

よって 皮疹が現れるまで様子を見ていては帯状疱疹後神経痛という後遺症を残るリスクが高くなってしまいますから、早期に診断を下し、抗ウイルス薬による治療を開始することが重要です(発症後数日以内の抗ウイルス薬開始が必要です)。

http://rockymuku.sakura.ne.jp/hifuka/taizyouhousinnnosinndann.pdf

http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901http://www.e-skin.net/dd_hp.htm

ご主人は、残念ながらそれが叶わなかったために、ウイルスによる神経損傷が著しくなってしまい、帯状疱疹後神経痛を呈している可能性が高いと考えられます。

帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。

具体的には、リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部、そして神経ブロック注射が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。

こうした特殊な痛みの治療は、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます。できれば、皮膚科の主治医に紹介状を作成してもらって受診された方が診察はスムーズだと思います。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】

http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。主人と相談して早めに受診します。

お役に立てたのであれば幸いです。

お大事になさって下さい。

星の評価をお願いいたします。

Dr-Kをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問