JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 835
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

2014年11月に脳梗塞を発症して左半身麻痺となり、4か月後に退院してからはリハビリを続けている72歳男性です。

ユーザー評価:

2014年11月に脳梗塞を発症して左半身麻痺となり、4か月後に退院してからはリハビリを続けている72歳男性です。
杖で歩行は可能ですし、ほぼ自分の身の回りの事は出来る状態ですが、一番困っているのが食事の際に力が入りすぎてしまい、嚥下は出来ても食事を楽しめない事です。
言語聴覚士によるリハビリでは、肩甲骨のあたりを軽く手で外側に動かす程度で、そのやり方で本当に改善するのか実感が湧きません。
じっと椅子に座るのも苦痛で、横になりたいと思うのですが、少しでも座る時間を長くした方がよろしいのでしょうか?  どうぞよろしくお願いいたします!

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

➀脳梗塞の後遺症は、発症後6ヶ月までは改善する可能性がありますが、それ以降は改善はしません。したがいまして、あなたの場合、2015年5月以降が回復の天井で、それ以降のリハビリテーションはその状態を維持するためのものとなります。現状でこれ以上、どのようなリハビリテーションを行いましても、残念ながら改善は見込めません。

これで回答になっておりますでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 年 前.
20808;日、神経内科の医師からもそう言われたので、元のように戻りたいという気持ちはなくなっています。
しかし、出来るだけ食事で栄養を摂ろうとして、妻も考えて作っているので、苦痛に感じずに食事をしたいと思っておりますが、緊張感が強いのをヨーガで緩めたりしても、なかなか改善せずに困っている所です。
言語聴覚療法に関しての質問は筋違いでしたでしょうか?  どなたに伺ったら良いのか分かりません。

医療は、あなたのように、後遺症による不快感を取り除く手段を持っていません。

「言語聴覚士によるリハビリでは、肩甲骨のあたりを軽く手で外側に動かす程度で、そのやり方で本当に改善するのか実感が湧きません」ーー実際のところ、その「リハビリ」で「食事の際に力が入りすぎてしまい、嚥下は出来ても食事を楽しめない」という状態が改善することはないでしょう。

残念ながら、現状を受け入れていただく他はないと思います。

はじめまして。前医とは私は意見は異なりますが、また新たに評価をいただく事になります。それでもよろしければお答えいたしますが、よかったですか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12399;い、どうぞよろしくお願いいたします。
「リハビリで現状維持」は理解していますが、食事をするのが苦痛なので困っております。
食べやすいような形態にしてくれてはいるのですが、ヨーガ療法の先生によるといつも緊張感が強いのでリラックスすることを身につければ少しは改善すると・・・・

ちなみにどのように力が入り過ぎるのかもう少し具体的に教えていただければ幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22107;むときに葉がカクカク音がする、噛む速度も速いと思います。

まず、これで絶対によくなるとまでは言い切れないのですが、今後は治療法として確立していく可能性が高いものを紹介します。あくまでご参考とお考え下さい。ニューロリハビリテーション(神経リハビリテーション)と呼ばれる分野の発展があり、一部の病院では力を入れて取り組んでいます。6か月以上を経過した慢性期でも効果を認める事があり、現在欧米などでは脳神経のシグナルを利用してリハビリを行っており、方法も徐々に確立していると言われています。日本で行っている方法としては、反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS:はんぷくけいとうがいじきしげきりょうほう)と呼ばれる電気的に外部から脳を刺激しながら治療を行うところもあります。
また他にも、ボトックスと呼ばれる美容で使われるお薬を使用して、咬筋、側頭筋に注射し、歯の食いしばりを軽減させる方法を取っているところもあります。
おそらく、経験がなければなかなかしてもらえない内容である可能性もあるので、一度担当医と相談し、紹介いただくのも一つかもしれません。担当医も存じていないこともありますので、その点、ご自身でインターネットなりで探す方法もあると思います。

なお、評価はまた新たに星をクリックいただきご評価いただければ幸いです。

Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 835
経験: 国立大学病院勤務経験あり
Dr.なかむらをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問