JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14447
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左の小指全体と薬指先端が1月のインフルエンザ完治後の2ヶ月前(2月中旬)からしびれており、整形外科で血液の循環を良くする

ユーザー評価:

左の小指全体と薬指先端が1月のインフルエンザ完治後の2ヶ月前(2月中旬)からしびれており、整形外科で血液の循環を良くする2種類のの飲み薬と塗り薬を2ヶ月間飲んでも全く改善していません。70歳ですがLDLコレステロールが高いので市販のサプリメントと青汁も2か月前くらいからのんでいます。脳神経の専門病院(春日井市内)に行くかどうか迷っています。

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

➀受診されている整形外科での診断名を教えてください。インフルエンザと現在の症状に関係があると説明されているのでしょうか。

②受診されているのは、どれくらいの規模の整形外科医療機関ですか? 主治医は手の外科の専門医でしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
9312;左手指のレントゲンは異常なしとのことですが診断名は聞いていません。小指の神経系統は親指とは違うとのことでした。薬(ノイロトロピン錠4単位朝夕各2錠:痛みを和らげる、メチコパール錠500μg0.5mg1日3回3錠:末梢性神経障害改善、他に塗薬はヘパリン類似質油性とインドメタシンクリーム混合薬数回:血行をよくして痛みと炎症を抑える)を飲んで経過を見るとのことでした。インフルエンザ(タミフル飲用で手のしびれの報告はないとのこと)とは関係ないとのことでした。
②評判の良い町医者(リハビリ設備が多く定評あり)です。手の外科専門ではありません。
(追記)年齢的にLDLコレステロールが高く(170位)脳梗塞と関係がなければよいのですが。
質問者: 返答済み 1 年 前.
25972;形外科よりも脳神経外科へ転院をした方が良いのかお教えください。

ご返信ありがとうございます。

まず、脳梗塞等をご心配されているのであれば、その可能性はきわめて低いと思います。

感覚障害が生じている範囲が「左の小指全体と薬指先端」と限られているからです。脳梗塞の場合は通常は感覚障害よりも運動障害が強く現われますし、左半身、左上肢全体といったように、広範な範囲で症状が現われます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、手の小指側を司る末梢神経である尺骨神経が、どこかで圧迫を受けているものと思われます(それ故にメチコバール等が処方されているのでしょう)。

代表的な疾患としては、肘部管症候群(https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html)や、何らの頚椎疾患による第7・8頸髄神経の圧迫などが挙げられます。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

どちらも整形外科領域の疾患ですので脳神経外科への転院は不要だと思います。

ただ、神経が、どこで、どのように圧迫されているのかを特定する必要があり、そのためには、神経伝達速度測定や、MRI検査などが必要になります。

現在の主治医と相談されて、規模の大きな総合病院の整形外科を紹介してもらってはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26126;確なご回答ありがとうございました。納得いたしました。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問