ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 13555
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

はい アシスタント: お気持ちお察しします。現在服用していらっしゃる薬はありますか? 質問者様: ないです

質問者の質問

はい
アシスタント: お気持ちお察しします。現在服用していらっしゃる薬はありますか?
質問者様: ないです
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 女性の先生はいますか
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr.Kato 返答済み 13 日 前.

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますのでお待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。
(急患などで返事をお待たせした場合も必ず回答します)

専門家:  Dr.Kato 返答済み 13 日 前.

質問ありがとうございます。

質問内容を教えて頂けますでしょうか。

1 いつからどのような症状があるのか時系列に沿って記載ください
2 その症状についてお聞きになりたいことを疑問文形式で提示ください

専門家:  Dr.Kato 返答済み 12 日 前.

情報リクエストにお返事がないので心配しておりますがその後いかがでしょうか。

お返事お待ちしております。

専門家:  Dr.Kato 返答済み 11 日 前.

こちらは女性医師ですので安心して相談内容を記載ください。

専門家:  Dr.Kato 返答済み 8 日 前.

もしうつ病でお悩みの場合、

うつ病の治療は抗うつ薬が基本ですが、認知行動療法を併用されてもいいと思います。

ご自身で出来る事としては、午前中に太陽の光を浴びながらリズム運動をするとセロトニンが分泌され改善に役立ちます。

散歩は最良のリズム運動ですが、ラジオ体操など簡単な者でも構いません。動くのが辛ければ、最初は窓辺に椅子を持って行って窓を開けて15分陽の光に当たる事から始めてもいいです。

不眠解消には睡眠環境衛生を整える事が重要です。
下記URL是非一読して実践ください。
http://www.sleep-mental.com/index14.html

睡眠薬についてはベンゾジアゼピン系の薬は即効性があるものの、依存性が強く、それがないと眠れなくなってしまい、しかもだんだん効きにくくなってきて、種々の副作用(反跳性不安、認知機能低下など)もあるため、連用するのではなくどうしても眠れない時に一週間に1回程度の頓服としての利用に留めておく方がよろしいでしょう。

安全性の高い睡眠薬としては下記があります。

下記参照ください。

オレキシン受容体拮抗薬

https://www.kaimin-japan.jp/medical-treatment/orexin/

メラトニン受容体作動薬
https://www.kaimin-japan.jp/medical-treatment/melatonin/

心が落ち着くツボをネットで検索して押してみたり、自律訓練法や自律神経を整えるヨガの動画をyoutubeで検索してやってみてはどうかと思います。安眠・心を落ち着かせる系の音楽をyotubeで検索して聞かれてもいいと思います。α波 音楽 などで検索するとたくさん出てきますよ。

前腕の内側には心を落ち着かせるツボがあるので前腕の内側をさすったり優しくマッサージしてもいいと思います。

眠ろうと意識すればするほどそれがプレッシャーになり目がさえるので、眠ろうと強く意識せず、眠れない時は一旦寝室を離れホットミルクやルイボスティーなどカフェインの入っていない暖かい飲み物を飲んだり、布団の中でラジオをきくのも方法です。無音だと睡眠しなければという意識が高まりすぎてしまい余計眠れなくなる場合はラジオをかけておくといいです。スマホでラジコをインストールする場合はスマホを裏返すなどしてひかりが目に入らないようにして聴きましょう。

体内時計を正常化させ自然な眠りを誘うホルモンの分泌を促すためには午前中に日光を浴びて運動をすることが重要です。午前中に30分程散歩をするか自宅の窓際で足踏み運動をしてください。

不眠症の相談ができる病医院検索
https://www.kaimin-japan.jp/search/

精神科 についての関連する質問