ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 17787
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

質問させてください。親に認められたい、ありのままの自分を認めてほしいと思っていますが、両親にそのような心の余裕と考え方が

ユーザー評価:

質問させてください。親に認められたい、ありのままの自分を認めてほしいと思っていますが、両親にそのような心の余裕と考え方がない場合、親に求めることをやめた方がいいですか。どのようにして自分を癒せばいいのかわかりません。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「両親にそのような心の余裕と考え方がない場合、親に求めることをやめた方がいいですか。どのようにして自分を癒せばいいのかわかりません。」

→ ご自身の不安が強くなっていたり、幼少期にかかわりが薄い場合、両親に対する承認欲求が強くなることがあります。不安感や意欲低下などをご自身がお持ちであれば、それをやわらげていくことで承認欲求が軽減していく可能性があります。そのためにはカウンセリングをうけたり、不安に対しては治療を受ける方法もあります。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12431;か先生
昨日もお話を聞いていただきました。お返事ありがとうございます。
親に執着するのはやめた方がいいと思いますか。

執着したくなる気持ちは理解できます。ただし、親が必ずしも答えてくれるとは限らないので、その点は注意した方がよろしいと思います。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12431;かりました。親から直接認められたという実感がなくても、自分で治療していくことは可能ということでしょうか。

プロダクトキーを見つけるためにその設定に移動する必要はありません。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12431;かりました。不安の軽減法となると、カウンセリングや薬物療法になりますか?

そうですね、ある程度、薬物療法を実施したうえでカウンセリングを受けるのが効果的と思います。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12431;かりました。ありがとうございます。
別の質問をさせてください。親の前に出るとぎこちなくなります。どうしていいかわからなくなるんです。二人に不信感を募らせながら笑うこともできるけど、自分に嘘をつくのもいやです。二人に対する怒りがおさまらない時、どのように対処したらいいかわかりません。

距離をとった方がよいですね。「親も年をとるのだから」と、少し考え方を変える練習はした方がよろしいと思います。

急には難しいですが、違う考え方をもつ練習は必要でしょう。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12431;かりました。少しずつ取り組んでいくことが大切ということですね。
別の質問をさせてください。自殺願望、過食、ものを壊すなど、自暴自棄になった時の効果的な対処法ってありますか。今まで、ノートに思ったことを書くとか、寝てしまうとかそれだけでも即効性があって乗り切っていたのですが、今回親との対立があってから、2週間くらい倦怠感や解離が続いていて、いつものストレス対処法、みたいなものだと対応できませんでした。今回のようなことがあったときに同じように身体症状をやり過ごすのは辛いなーと思ったのですが。

一番、寝るのが単純ですが効果的です。

イライラや焦燥感が強い時には、段ボールなどを壊すと、ほどよく体力もつかって落ち着きやすくなることがあります。

Dr わかをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 日 前.
27573;ボールは考えたことなかったです。自分のものを壊すよりいいですね。ありがとうございます。
ご回答いただきありがとうございました。

精神科 についての関連する質問