ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 18107
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

てんかんの持病があり、強いHSPであることがわかった場合、どうすべきか悩んでいます。今通院している病院は、HSPにふれも

ユーザー評価:

てんかんの持病があり、強いHSPであることがわかった場合、どうすべきか悩んでいます。今通院している病院は、HSPにふれもしなかったので。
アシスタント: お気持ちお察しします。現在服用していらっしゃる薬はありますか?
質問者様: エクセグラン、ランドセン、デパケン、パーロデル、ロラゼパム、カルバマゼピン、コントミン、ピレチア、ベンザリン、ホリゾン です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: HSPと、てんかんは、両方診断してもらえるものなのかなと。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「HSPと、てんかんは、両方診断してもらえるものなのかなと。」

→ 両方の確認は精神科で可能と思います。脳波の測定機器があり、臨床心理士さんが在籍している病院であれば可能と思います。臨床心理士さんが在籍していれば心理検査が実施可能と思います。

てんかんが長期になると、その影響でHSPのようにみえることがあります。このため、てんかんの状態と心理検査の両方の実施が可能な病院で対応していただくのがよろしいと思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
27425;回通院した時に話してみます。臨床心理士さんですね。
てんかん治療も長くなっています。丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、いつでもご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;世話になりました。

ありがとうございます。お大事にしてください。

精神科 についての関連する質問