ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 15123
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

初めまして。 娘が統合失調症で入院をしています。 4月初めから言動がおかしくなり、4/

ユーザー評価:

初めまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 娘が統合失調症で入院をしています。 4月初めから言動がおかしくなり、4/ 4月10日に部屋で倒れているのを発見され、緊急入院しました。
JA: ご家族がご心配なのですね。今までにもメンタルヘルスのことで医師や専門家に相談をされたことはありましたか?
Customer: 娘はこれまで、精神疾患の症状はなく、3月は全く元気に日常の学生生活でした。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 北海道の病院なのですが、家族は福岡で、距離が遠くきてもコロナのせいで面会も出来ず、精神衛生上も、心配です。精神疾患でも、家族との面会、会話により、安心感を与えるという治療方針はないのでしょうか? コロナのリスクと、孤独によるリスクのバランスだとおもうのですが。。。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願い致します。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表示されます。電話相談を希望されなければこのままメッセージで進めてください。

すでにご存じのこと、お調べになっていることを含むと思いますが、初回回答であり、ひととおり記載いたします。

「距離が遠くきてもコロナのせいで面会も出来ず、精神衛生上も、心配です。精神疾患でも、家族との面会、会話により、安心感を与えるという治療方針はないのでしょうか?」

→ 若年の方では統合失調症に類似した状態を、急性の反応で示すことがあります。記載のようなコロナウイルスによる生活環境の急激な変化が精神的不調に影響している可能性はあるでしょう。このために、一見、統合失調症のような状態になってしまうこともあります。

統合失調症である場合も含めて、精神的に少し落ち着いた状態(興奮がない状態)であれば、ご家族との会話で状態が落ち着くことはあります。ご自宅から離れている状況であり、できれば実家近くでの療養が望ましいと思います。そのような環境変化だけでも病状軽減につながることがあります。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
19969;寧なご回答をありがとうございました。補足すると娘はコロナ陰性です。病院が規則として、入院初日以外は、入院患者との面会を一律に全面禁止しています。
春休みの2週間の間に、急に発症したので驚いてます。メールを中国共産党に見張られているとか、前世がわかり、フィンランドにソウルメイトと二人で旅立ち幸せになる。もう帰ってこない。といったメールや言動を急に初め、驚いて飛んできた時は病院に運ばれた直後でした。今は妄想はないようですが、食も細く精神的に不安定のようです。統合失調症とはまだ正式に診断されたわけではありません。部屋のメモを見ると、強い孤独感とコミュニケーションに悩んでいたようです。短期間にこのような、劇的な変化、疾患におちいることは、あるのでしょうか?また、今後、どのような経過をたどるのか、連れて帰る飛行機内で、急に発作的な症状を起こさないかなど、不安です。

「劇的な変化、疾患におちいることは、あるのでしょうか?また、今後、どのような経過をたどるのか、連れて帰る飛行機内で、急に発作的な症状を起こさないかなど、不安です。」

→ 若年者では急激な病状出現があります。また、そのような年齢では、病状軽減後も生活能力が低下し、うつ病のような状態が長期に続くこともあります。このため、初期に適切な治療を行うことが必要です。

飛行機で移動する際には、前もって口腔会社に事情を説明し、左右の席の家族で安静を保たせながら移動することが望ましいと思います。

精神科 についての関連する質問