ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 9420
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

今、精神的にも尿の調子的にも病院行けてないので、電話診療しています。もし、副作用救済制度が当てはまるなら、どのように資料

ユーザー評価:

今、精神的にも尿の調子的にも病院行けてないので、電話診療しています。もし、副作用救済制度が当てはまるなら、どのように資料を提出すればよろしいですか?一応、前、泌尿器科でエコー検査したのですが問題ありませんでした。尿の調子は薬を変更を何度もしても治りません。尿もれです。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

副作用救済制度の手続き方法、必要書類、相談窓口については下記を参照ください。

https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general03.html

質問者: 返答済み 7 日 前.
2年前から2月から5月にかけて、その時どういう薬を出されたか忘れましたが入院していました。その時.4月から突然尿もれが始まりました。

副作用救済制度の手続き方法、必要書類、相談窓口については下記を参照ください。

https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general03.html

請求に必要な書類について

https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0004.html#ContentWrap

上記URLから引用。

請求に必要な書類は給付の種類によって異なります。下表のとおり、所定の様式での請求が必要となります。
 必要な書類は状況によって変わりますので、請求を初めて検討されている方は、救済制度相談窓口にご連絡ください。
 制度の仕組みについてご案内するとともに、状況をお伺いし、PMDAからそれぞれの方に応じて請求に必要な書類をご案内し、お送りいたします。引き続きの請求の場合や、制度について既にご存じの医療機関の方などは、下記の書類をダウンロードしてご使用いただいても構いません。

まずは救済電話相談窓口に電話してください。

事例により必要書類が異なるので、電話して必要書類を教えてもらい、機構のHPから必要書類をダウンロードして記入という流れになります。

◎救済制度についての詳細は、PMDAにご相談ください。

0120-149-931

電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。

受付時間:午前9:00~午後5:00 / 月~金(祝日・年末年始を除く)

Eメール:*****@******.***

副作用救済制度が当てはまるなら、どのように資料を提出すればよろしいですか?については上記回答させて頂きました。

Dr.Katoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問