ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 9438
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

現在、うつ病と診断されて休職中の32歳です。

ユーザー評価:

現在、うつ病と診断されて休職中の32歳です。
JA: それは大変でしたね。今までにもメンタルヘルスのことで医師や専門家に相談をされたことはありましたか?
Customer: 通院もしています。薬も処方されて服用中です。10代の頃にも鬱になり長年かけて元気になって社会に戻ってきてから今回まで、多少気分の浮き沈みはある中でも支障なくやってこれました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 以前から医者には妊娠を希望している事も伝えており、薬の服用について相談してました。もちろんないに越したことはないけど、今服用してるのはそんな影響があるものではないから、と。妊娠して鬱になる人もいてそうなったら処方もするケースもあるから大丈夫、でもできるだけリスクを減らすために薬を減らしていきましょうと話していました。ですが、先日義母に付き添ってもらって受診した時に改めて薬を服用してて妊娠は大丈夫か、と聞いたところ、薬を服用しているなら妊娠してはダメです。とハッキリ言われました、、

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

貴方におっしゃったことと義母さん井おっしゃったことが違うので混乱されたのですね。

飲んでいる薬を教えて頂けますか?

全てのお薬が妊娠に差し支えるわけではありません。

薬ごとにリスクが異なります。

薬の内容によっては内服を継続しながら妊娠は可能です

質問者: 返答済み 17 日 前.
35328;われた時は、聞いてたことと違う…とショックでフリーズしてしまいました。
今服用している薬はセパゾン錠1、リスミー錠2mg、頓服としてコンスタン0.4mg錠です。
リスクもですが、このような対応は普通なのでしょうか?

このような対応というのは、貴方に言った事と義母さんに言ったことの発言内容が違うという事でしょうか?ふつうはそういうことはないのですが、今回どうして主治医がそういう対応をしたのかはわかりかねてしまいます。主治医には何らかのお考えがあったのかもしれませんので、直接聞いて頂くしか真意を測る方法がありません。

今の薬はあなたと主治医の相談で妊娠を考慮しての選択でこれになったのでしょうか?

質問者: 返答済み 17 日 前.
2年くらい前はエビリファイ、トフラニール、セパゾン、メイラックスを処方されて服用していました。
将来の妊娠は視野に入れてたので先程記載したように妊娠への影響は時々確認していて、薬はいきなりはゼロにはできないのは知っていたので結婚を機に流石にそろそろ減らし始めないとと私から先生に減らしたいです。と伝えて、少しずつ減らしてセパゾンのみまで減らすことができて、鬱にならなければゼロになる所でした。
ですが、職場での出来事により鬱になってしまったのでリスミーとコンスタンを追加で処方してもらうことになりました。
薬の選定については先生を信じていたのと、コンスタンは以前も処方されたことがあったので特に疑問は持たなかったです。
一番辛い時に、もう少し薬を増やして楽にはなりませんか、と聞いた時もこれ以上は妊娠も考えているなら増やしたくない。頓服で頑張れないか。と言われて
確かにと納得して増やす選択はせず、今の処方のみで周りの助けを借りる事で何とか過ごしてきた、と言うところです。
質問者: 返答済み 17 日 前.
34220;を減らすときも
そろそろ妊娠も視野に入れてるので、大丈夫です、減らしてください!と伝えないとなかなか薬の変動がなかったので。
いつになったら薬減るんだろう?なくなるのかな…と
そこも疑問はあったんです。

セパゾンとコンスタンはベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。

これらの抗不安薬については、奇形率を高めるリスクの方はほぼ心配ないと考えられています。以前は「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)」という奇形との関連が報告されていましたが、データ統計をしっかりとってみると因果関係が認められないという報告もありますので。妊娠初期の服用での心配は過度にする必要は低いと思います。これらのお薬を飲みながら妊娠出産される方は当然おられます。

一方、妊娠後期~直前期の服用では注意が必要です。薬の成分は胎盤を通して赤ちゃんにも一部伝わっていますので、お薬の作用で赤ちゃんの筋肉が脱力した状態で生まれてきたり、お薬が急に抜けることでふるえ・こわばりなどのベンゾジアゼピン離脱症状が現れたりすることがあります。

いずれも早期対応すれば一時的で、後遺症が残るたぐいのものではないので過度に心配することはありませんが、産婦人科医に内服の事は相談し、担当医が必要と判断すれば紹介状を書いてもらい対処のできる病院で出産するなどが必要になってくることもあります。少なくとも助産院ではなく小児科のある、できればNICUのある病院で出産する必要はあると思います。

リスミーは睡眠薬なのですがベンゾジアゼピン系なので説明は前の2sh塁と同じになります。

これら3種の薬の薬の添付文章には、

妊婦(3 ヵ月以内)又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

このように記載されています。

飲まないで済むなら飲まない方がいいですが、母体の精神状態の悪化により自殺などが起こっては元も子もありません。内服の有益性が上回る場合は内服を継続しながら精神の安定を維持しながら妊娠を計画するというのも有用な事になります。

今の先生に対して疑念が生じている場合、妊娠を希望するのでと言って産婦人科のある病院の精神科を紹介して貰うのも方法になるかもしれません。

妊娠に際して薬を減らしたい場合、認知行動療法を併用するとか、貴方の場合職場が悪化の原因であれば妊娠のために一旦は退職して薬を減らして出産後落ちつけば再度仕事を探すという野も方法になるかもしれません。

下記のような相談先もあります。

https://www.ncchd.go.jp/kusuri/about.html

質問者: 返答済み 17 日 前.
19969;寧なご説明ありがとうございます。
リスミーは妊娠を望むのであれば飲まない状態になってからの方がよいのが理解できました。
産婦人科のある病院の精神科を探すと言うのは発想にありませんでした。家族と相談して考えてみたいと思います。
認知行動療法についても調べてみようと思います。教えてくださった相談先は東京なので、大阪在住の私には通えないですが、参考に似たようなところがあるか探してみようと思います。
ありがとうございます。因みに、休職中に転院した場合、傷病手当金の申請にて担当医が変わるのは問題ないかご存知でしょうか。

添付文d所の記載はリスミーだけではなく3種類全部に記載のあることですよ。基本的にすべて同じ成分に近い薬なので説明は同じになります。

相談先は、主治医を通して文書で相談可能な相談先なので主治医に頼んでみてはどうでしょうか

障害手当金の事はわかりかねますので、健康保険組合や職場の該当部署、市役所の福祉課、社会労務士などに問い合わせくださいませ。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12377;みません、文章を勘違いして読み取っていました。
認識誤りを指摘してくださってありがとうございます。
結論、妊娠初期で子供に影響があった事例はないけど、妊娠してどうしても必要だと医者が判断した場合以外は妊娠時は服用するべきではない。
という認識で合っていますでしょうか。

>結論、妊娠初期で子供に影響があった事例はないけど

→そこまではいいきれません。妊婦さんで人体実験をすることは倫理的に許されないので絶対に影響がないとまでは言い切れるません。奇形が増えるという研究結果と増えないという研究結果があり結論が出ていないと言った方がいいかもしれません。少なくとも絶対に奇形が増えると言い切ることはできませんので、有益性が上回る場合は内服可能という記載があるわけです。妊娠した方には一定の割合で奇形が生じますので、それが薬によるものなのかそうでないのかをたしかめることはできないのです。

>妊娠してどうしても必要だと医者が判断した場合以外は妊娠時は服用するべきではない。

→こちらはその認識でよろしいかと思います。ただし、無理に断薬して精神不安定で食事もとれないような状況ですと却って赤ちゃんに悪影響ですので、飲まない事が絶対にその方がいいんだという事ではないのです。ケースバイケースなのでその時の状況に寄ります。

病状の安定は妊娠にとって必要な事です。

下記が参考になるかもしれません。

https://www.rad-ar.or.jp/use/maternity/index.html

お大事にされてください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。

必要な手続きになりますので評価をシステム上から必ずお願いします。
プラス評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
ありがとうございました

Dr.Katoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます
教えていただいた事を家族と話し合ってどうしていくか考えたいと思います。

精神科 についての関連する質問