ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 5225
経験:  dasdasd
108057004
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

8月下旬より、うつ病で2度目の休職期間に入りました。今月いっぱいまで休職ですが、来月復職するのがまだ怖いという恐怖心があ

ユーザー評価:

8月下旬より、うつ病で2度目の休職期間に入りました。今月いっぱいまで休職ですが、来月復職するのがまだ怖いという恐怖心があります。また、休職期間中はどのように過ごすのがベストなのでしょうか?
JA: それは大変でしたね。今までにもメンタルヘルスのことで医師や専門家に相談をされたことはありましたか?
Customer: 特に相談をしたことはないです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 復職出来る基準を教えて頂きたいです。

対応をさせていただきます。よろしくお願いします。現在回答を作成していますので、もう少しお待ちください。

ご心配のことと思います。

鬱病で休職中ということですね。
「来月復職するのがまだ怖いという恐怖心があります。」
→上記であれば、来月からの復職はまだ時期尚早の可能性があると思います。
まずはかかりつけの精神科で相談をしていただき、復職時期の再度の見直しをしていただくといいと思います。
復職時期の先延ばしが必用であれば、診断書の再発行をしてくれるはずです。
「復職出来る基準を教えて頂きたいです」
→少なくとも復職期間中の自宅での生活が問題なくおくれる、外出などができる。規則正しく寝起きができているなどが最低限出来ることは条件になると思います。

以上、一般的な内容について書かせていただきました。追加のご質問・疑問点などがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
33258;宅では横になってることが多く、今日は頭痛がヒドイです。朝も中々起きられず、夜も寝付けない日がたまにあります。
人に会うのもおっくうだったりする時があるのですが、この状態ですと、やはりまだ復職は難しいでしょうか。
自宅でした方がいいこととかありますでしょうか?

御返事ありがとうございます。

「この状態ですと、やはりまだ復職は難しいでしょうか。」
→そうですね。まだ自宅での日常生活も鬱症状で十分送れていませんので、現代会での復職は時期尚早と考えます。
鬱病の治療の強化がまだ必要な状態と思いますので、主治医と復職時期の延長についての相談が必要と考えます。

「自宅でした方がいいこととかありますでしょうか? 」
→まずは就寝時間・起床時間をなるべく定時にして、生活リズムをつけることから始めるといいと思います。

DoctorHeartをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
25215;知いたしました。
ありがとうございました。

どういたしまして。お大事になさってください。

小生のわかる範囲で対応させていただきますので、また何かありましたらご相談ください。

ご評価ありがとうございました。小生の名前のリンクにある質問欄から直接小生あてに質問も投稿いただけますのでご活用ください。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12385;なみに追加で質問なのですが、日中身体を休めるのと家事等をやって身体を動かすのどちらの方が良いのですか?

御返事ありがとうございます。

「日中身体を休めるのと家事等をやって身体を動かすのどちらの方が良いのですか? 」
→睡眠覚醒のリズムが整うようになったら、次の段階で家事など体を徐々に動かしていくといいと思います。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答、ありがとうございます。
ちなみに、復職を焦って診断書の期限が迫るとうつの症状が悪化してしまうのですが、期限を設けずのんびり治していくのが良いのでしょうか?

期限を設けずのんびり治していくのが良いのでしょうか?

→まずはそうされる方がいいとは思います。その上で症状が改善してきたら、復職時期を設定するといいとは思います。

精神科 についての関連する質問