ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 9148
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

双極性障害と統合失調は同時になりますか。ならないとしたら、違いはなんですか。

ユーザー評価:

双極性障害と統合失調は同時になりますか。ならないとしたら、違いはなんですか。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12424;ろしくお願いします

統合失調症と双極性障害(躁うつ病)は、主たる病状が異なるため、同時には発症しないと考えられています。統合失調症は幻覚や妄想など考えの内容の障害が主であり、双極性障害は気分の上下が障害の主です。両者が重複したように見える、統合失調感情障害というものはあります。これは統合失調症が主ですが、気分の変動があるものです。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12394;るほど、知りませんでした。では、双性障害から統合失調に移行することはありますか。
質問者: 返答済み 17 日 前.
12418;しくは双極性だと思ったいのが統合失調感情障害で、統合失調に移行するとか
質問者: 返答済み 17 日 前.
24605;っていたのが

「双性障害から統合失調に移行することはありますか。」

→ 正確には、移行はないと考えられます。本来は統合失調症ですが、焦燥感や興奮が目立つため、初期の症状が双極性障害(躁うつ病)に似ていることはあります。そのようなケースでは、一見、双極性障害から統合失調症に移行したようにみえると思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12354;りがとうございます。何年か前まで鬱で、現在双極性障害と診断されていますが、盗聴妄想、被害妄想、頭の回転が悪くなった、やる気の喪失、攻撃性の増加、などで周囲とうまくいかなくなっています。統合失調感情障害か統合失調の可能性もありますか?

その可能性はありますが、双極性障害が不安定になっている可能性もあります。鑑別には診察が必要になります。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12402;とつお伺いしますが、双極性障害の患者に、会って1か月で、①診察時に躁状態が見られない②鬱状態で希死念慮が見られるが、英会話に没頭できる、の2点で、病気ではないと判断できますか。
質問者: 返答済み 17 日 前.
24739;者は、死んだり、ODをしたりしないために、気晴らしに英会話を始めたのですがらら

①診察時に躁状態がなくとも双極性障害のことがあるため、病的ではないと判断はできないと思います。

②躁状態で希死念慮がみられることは少なく、英会話に没頭できることも、程度によりますが躁状態の典型的状態とは異なると思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
9313;は、鬱状態の苦痛を紛らわせるために英会話を始めた感じです。鬱状態に楽しめることがある→病気じゃない、と言われました。

躁状態の程度によると思います。軽度であれば楽しめるでしょう。

質問者: 返答済み 17 日 前.
21452;極性の診断の取り下げは、1か月の診察で可能なものでしょうか

「取り下げ」は、何に対する取り下げでしょうか?

質問者: 返答済み 17 日 前.
21069;主治医まで何年も歴代の主治医が双極性と診断をしていたのに、新しく着任した主治医が1か月でそれを取り消し、病気ではないと診断しました。

「新しく着任した主治医が1か月でそれを取り消し、病気ではないと診断しました。」

→ 長年治療を継続していた方を、主治医交代から短期間で「病気ではない」と判断するのは、判断が早すぎるように思います。特に双極性障害であれば、病状が安定している時期もあるため、数カ月は病状を追ってから判断した方がよいと思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12381;うですよね。ずっと不安に思っていました。ありがとうございます。数ヶ月たち、今度はなぜか適応障害になっています。
最後その主治医から他へ移る時、診断は双極性だ、と言っていたのに、実際は適応障害と次の主治医に送られていました。主治医が患者に嘘をつくのは平常ですか。

嘘をつくことはないと思いますが、記載された内容から推測する限りでは、診断の妥当性には疑問があるかもしれません。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12375;つこく、長くなってしまいすみません。
私には私の病名は双極性だって言いながら、その日に渡された、次期主治医への紹介状に、適応障害と書かれていたんです。うそですよね?
質問者: 返答済み 17 日 前.
35377;されるんでしょうか

「私の病名は双極性だって言いながら、その日に渡された、次期主治医への紹介状に、適応障害と書かれていたんです。うそですよね?」

→ その行為の意図は推測が難しいです。患者様への説明と紹介状の診断が異なることはあまりないと思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
38263;くなりすみません。これで最後にします。長年双極性と言われてきた、病気でないのか、ときいたら、双極性だと最後に認めました。口先は私を納得させて、新しい主治医には本音の適応障害と送ったわけです。質問はひとつです。医者は嘘の病名を告げて、認知機能がしっかりしている患者を騙していいのですか。

「医者は嘘の病名を告げて、認知機能がしっかりしている患者を騙していいのですか。」

→ 行わない方がよいことでしょう。なぜ、そのような説明と紹介状を記載したかは推測できません。

Dr わかをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
30906;かに何考えているのかさっぱりわからない人でした。
大変ありがとうございました。

精神科 についての関連する質問