JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zawan24に今すぐ質問する
zawan24
zawan24, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 2980
経験:  大学院
81186992
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
zawan24がオンラインで質問受付中

こんにちは。79歳の母について 相談させてください。

ユーザー評価:

こんにちは。79歳の母について 相談させてください。
JA: お気持ちお察しします。現在服用していらっしゃる薬はありますか?
Customer: フルボキサミンを処方されていたのですが、今年に入ってから薬を怖がるようになり、薬を飲ませることができず病院にもいかなくなりました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: フルボキサミンに限らず、すべての薬を怖がります。死にたいとは言いませんが、自分はもうだめだ、など悲観的なことばかり言葉にします。また、ときどき息をきらしながら「どうしよう、どうしよう」とうわごとのように言っています。どう質問しても、具体的な不安の正体がわかりません。

質問ありがとうございます。回答を担当させていただくZawan24というものです。

確認させていただきたいことがあります。

〇ご相談の症状が出現した時期に生活面・環境面で何か変化はあったのでしょうか。

〇どのような経緯・症状で精神科を受診し、どのような診断をうけているのでしょうか。

〇現在受けられている治療内容を教えて下さい。薬物療法を受けられている場合はその内容と、それぞれのお薬の1日量を教えて下さい。

〇状況を簡単に記載頂いたのみで疑問文形式の質問文がありません。今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけたら幸いです。

まず上記について、確認させていただけましたら幸いです。

なお、医師法に基づき実際の診療行為のない医療相談サイトで具体的な指示を出すことは医師法違反となる恐れがありますので、それに基づいた回答になります。

インターネット医療相談は現実世界の医療機関受診とは異なります。医療機関ならば、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。

ジャストアンサーとは、それを期待していただく場ではないことにご留意下さい。

回答者は就業時間外に回答を行っており、24時間この画面の前で待機している訳ではなく、食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。当回答者はPCで回答しておりますので、サイトを立ち上げた状態で席を離れている場合があります。その場合、相談者様にはオンラインと表示されているようですが、返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 3 日 前.
29872;境の変化はありません。薬をこわがるようになる前、薬を飲むと頭がぼんやりして何もわからなくなる、と言っていました。薬によって認知症になると思っているようでした。実際に認知症のような症状もあり、いまも曜日がわからない、以前はできていた家電の操作や家事ができない、入浴や洗髪など日常動作でも次になにをしたらいいのか分からないと言っています。精神科の受診経緯は詳しくはわかりません。うつ病と診断されていると思います。通院していたときはフルボキサミンを一日一回夜に飲むよう処方されていました。薬物療法以外には受けていませんでした。今は何もしていません。
質問ですが、このように本人が薬物療法を嫌がっているものの、不安定な精神状態にありかつ認知機能も低下している場合、どのように対処すればいいのか?ということです。最後に病院で相談したときも、薬を飲まないと精神病院に入院することになるよ、と医師に言われ、それを脅しのように感じたのか、ひどく落ち込み、逆効果だったようです。また感染症への不安から通院をしてくれるとは思えません。
まとまりがなく申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

情報提供していただきありがとうございます。

実際に診察を行わない限り判断は難しいですが、お話を伺う分ではフルボキサミンの内服中断により、うつ状態が再燃している可能性が考えられます。

不安定な精神状態のために注意力や集中力が低下し、健忘が生じている可能性が考えられます。家事や身の回りのことができないことに関してはうつ状態、認知症両方において生じえますが、現状では治療を再開し精神状態が安定化してから再評価するのが望ましいと考えます。

入院治療の適否を含めた担当医と相談するためにも、治療再開、服薬再開が望ましいと考えますが、本人の拒否が強いのであれば、役場や保健所の保健師に相談され訪問や受診支援を依頼されるのが望ましいと考えます。

zawan24をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 日 前.
12372;教授ありがとうございました。検討いたします。

お役に立てて幸いです。

お大事になさってください。

精神科 についての関連する質問