JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 一般病院連携精神医学専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 7454
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

87歳の母の相談ですが、うつ病と診断されています。 87歳、女性、抗うつ剤を本日から飲み始めたところです,

ユーザー評価:

87歳の母の相談ですが、うつ病と診断されています。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 87歳、女性、抗うつ剤を本日から飲み始めたところです
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現在、立ったり、座ったりを繰り返していて、歩行や立ち上がりが自力では難しく、危なくて一日中目が離せません

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

ご高齢の方では、抗うつ薬服用にて手の震えが出たり、ふらつきがでることがあります。

とくに抗不安薬や睡眠薬を抗うつ薬と同時に服用される際には注意が必要です。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
20170;現在、立ったり座ったりを繰り返しているのですが、本人も介助も疲労困ぱいしています
顔を洗う暇もありません
今すぐ改善するには何か方法はないでしょうか?

生活の影響があり、大変ご心配と思います。

処方いただいた病院にお話しいただいたうえで、抗うつ薬は中止することが望ましいと思います。

他の薬剤では、睡眠薬は服用されていないでしょうか?

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
30561;眠薬も処方されています
今、母がかなり辛そうです
明日には主治医に連絡しようと思いますが、このまま夜中も症状が続くと皆、疲労困ぱいし、転倒の危険もありますが早急な対処方法があれば教えてください

睡眠薬と抗うつ薬の名前がわかれば、教えていただけますでしょうか。

抗うつ薬、睡眠薬によっては、夜を中心に足がムズムズすることがあります。

このような状態があるときには、足を布団などで膝から上げ、膝下から足までタオルで冷やすと落ち着くことがあります。

参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12523;ネスタとトリンテリックスです

ありがとうございます。

これら薬剤ですと、やはり夜の足のムズムズから落ち着きがなくなることがあります。

さらに、もともとパーキンソン病の傾向がある場合、症状が悪化しやすくなります。

Dr わかをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ありがとうございます。

不安、心配な点がありましたら、またご質問ください。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12489;クターにヒベルナという副作用止めを処方していただき、現在、アカシジアは改善されています
本人は家事を自分でしなくてはという思いが強く、動けない自分を責めているようですあと、睡眠薬を処方していだいているのですが、寝付きは良いけど、夜中に目覚め、それから朝まで眠れないそうです
日中はあまり寝ない方がいいのでしょうか?それとも起こして何か活動してもらった方が良いのでしょうか
?また、どんな活動が適切でしょうか?
さらに、便秘が3週間程ありますが、マグミットを処方してもらっていますが、出ません
何か方法があれば教えてください
自ら動けて、気分の落ち込みも無くなるには、どの様な経過を辿ると思われますか?
記載ありがとうございます。返信遅くなり、誠に申し訳ありません。
ヒベルナはアカシジアへの効果がありますが、眠気が出現することが多く、このためにふらつきが出たり、意欲が低下したように見えることもあります。
アカシジア改善後には減薬もしくは中止が可能か、かかりつけ医と相談ください。
睡眠については、日中眠らない方がよろしいと思いますが、この点でも、ヒベルナによる日中の眠気が影響している可能性があります。
もし、歩行が可能であれば、運動では歩くことが最適です。歩行することは腸の動きを高めることにもつながります。マグミットで排便がない時には、整腸作用のあるビタミン剤を使用することが一般的となります。下剤は使用が長期化すると、逆に腸が麻痺して排便しにくくなることがあります。
抗うつ薬の効果出現には少なくとも2週間を要するため、薬剤増量などは、その後に検討されますし、症状改善も2週間以降にみられることが多いと思います。

精神科 についての関連する質問