JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 5422
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

こんにちは。 8月ぐらいから、会社を休みがちになってしまいました。

ユーザー評価:

こんにちは。
JA: こんにちは、どういった事でお困りですか?
Customer: 8月ぐらいから、会社を休みがちになってしまいました。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年齢は25歳。性別は女性。服用中の薬はピルとフルボキサミンマレインです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 自分がまた会社に継続して行けるかどうか、精神的にどのようにしていけばいいかをお聞きしたいです。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。
お忙しい所、申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

貴方が会社に行けるかどうかの判断は、受診して診察を受ける必要があります。

会社を休職するにしてもそれには診断書や意見書が必要なので、受診をしなければなりません。

傷病手当を貰って休職するには診断書や意見書が必要です。

貴方が適応障害やうつ病などと診断されれば傷病手当をもらいながら休職ができます。

いきなり退職はしないほうがいいでしょう。

生きていくにはお金が必要です。精神的に辛い時にお金の心配までしないといけないのは余計に負担になります。
いきなり退職するのではなく、診断をもらって休職して治療するほうがいいと思います。

Dr.Katoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。
いきなり退職することは避け、まずは病院へ行き、診断を受けてから考えるようにします。
質問者: 返答済み 10 日 前.
12356;きなりの相談にも迅速に対応して頂き、ありがとうございました。
また相談させて頂くこともあると思いますが、その時は宜しくお願い致します。

精神科 についての関連する質問