JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 5420
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

知り合いで、人が自分の周りから居なくなることが怖いから、人との距離をおきたいと言ってる人がいます。好きな人に対しても、好

ユーザー評価:

知り合いで、人が自分の周りから居なくなることが怖いから、人との距離をおきたいと言ってる人がいます。好きな人に対しても、好きになり過ぎていなくなることが怖いので別れたと言っていました。これは病気なのでしょうか?
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 21歳女性、服用中の薬は不明です
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: うつ病になる可能性があるか、ある場合アプローチとして気をつけることはあるか聴きたいです

傷付くのを恐れてなにもできなくなるというのは今の若い人に多い特徴にはなります。

それが単に性格の範疇なのか、社交不安障害などの病気なのかは、実生活に支障が出ているかということはひとつ判断材料になります。

今のところ病気の域に達しているとは思いませんが、ご心配であれば受診を勧めてください。

診断は受診しないとできません。

回逃性パーソナリティー障害というのものがあり、これは病気ではなく性格の著しい偏りと言う理解の方が近いと思います。

これの可能性はあると思います。

https://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f60/apd01.html

ただ、先ほども申しましたが、診断は受診しなければできません。

傷付くのを恐れてなにもできなくなるというのは今の若い人に多い特徴にはなります。

それが単に性格の範疇なのか、社交不安障害などの病気なのかは、実生活に支障が出ているかということはひとつ判断材料になります。

今のところ病気の域に達しているとは思いませんが、ご心配であれば受診を勧めてください。

診断は受診しないとできません。

回逃性パーソナリティー障害というのものがあり、これは病気ではなく性格の著しい偏りと言う理解の方が近いと思います。

これの可能性はあると思います。

https://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f60/apd01.html

ただ、先ほども申しましたが、診断は受診しなければできません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
22238;答ありがとうございます。
「回逃性パーソナリティー障害」読みました。ただし、本人は人から傷つけられるのが怖いのではなく、人(同性異性問わず)と仲良くなると自分が大事に思ってしまうばかりに、いなくなるときのことを考えると寂しくて自分がコントロールできなくなるのが怖いため人を避けるといっていました。これも「回避性パーソナリティ障害」なのでしょうか?同様の症状を持つ人はいるのでしょうか?
また、過去にパニック障害を発症していて、いまでもストレスがたまると腹痛や蕁麻疹など身体への症状が出るタイプです。
生活に支障は出ていないと思いますが、夜寝れなかったり、一日中ぼーっとしていることはあります。

回避性パーソナリティー障害の可能性はあると思います。

受診してみてはどうでしょうか。

ただ、病気や人格障害ではなく、単にそういうネガティブで臆病な性格というだけの可能性も十分あると思います。

Dr.Katoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問