JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 4828
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

山道と申します。実兄(独身来週60歳)がうつ病と診断されるも、逆流性食道炎を今年の2月に罹患、自立神経の狂いから眠れなく

ユーザー評価:

山道と申します。実兄(独身来週60歳)がうつ病と診断されるも、逆流性食道炎を今年の2月に罹患、自立神経の狂いから眠れなくなり食事も自己判断での偏食もたたり、衰弱しています。本人はうつ病を認めずに、鼻がはれて息ができなくなったらどうしようと鼻づまりの恐怖から毎日パニックをおこしています。実姉が裏に住み夫を亡くして一人暮らしのため昼間はパートに出て、3食の食事の世話と実兄のパニックの話を聞いています。耳鼻科は毎日通院していましたがどこへ行っても検査をしても問題なしとなり目も具合が悪くなっているようです。心療内科と耳鼻科と消化器内科と眼科にも姉が付き添うようになっていますが、姉も3年前に夫の急逝によりとても神経を病んでいたのですが、共倒れに近くなります。私は離れていますが毎日助けてお願いとLINEが来ますが、何を言っても自分の考えが正しいとこだわって周りのいうことはききません。現在お世話になっている心療内科の先生の処方も勝手に薬を調整してしまうため、お手上げのようでいまはみはなされたらどうしよう・・・とずっと恐怖と心配と不安になっています。どんどん悪くなっているようにも思いますが、本人は一人暮らしなので洗濯をしたり入浴をしたりは必死でしています。早期退職をしたため社会とのかかわりがゼロとなっていて私と姉のみの交流。あとは通院先となります。通院先は頭のおかしい変な人という見方が強く、特に耳鼻科では大学病院を紹介し問題ないとの報告から治療を中止するようです。本人のかたくなな考え方にこだわってしまっていて周りのいうことを聴くことができません。何よりも怖い怖いとずーっと言い続けています。明日は夏季休暇もあり、心療内科への付き添いを姉と同行する予定にしています。心療内科と精神科の違い。実兄の居住は東京都墨田区ですが入院できるところはあるのでしょうか?
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 私は家族で本人のそばにいないので服用中の薬は申し訳ございませんがわかりません。罹患者 59歳11ケ月(男性)相談者(私)妹女性58歳です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、精神科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 姉も私もどうしたらよいかがわかりません。何を進めても違うんだといいます。「逆流性食道炎があり思うように食事をとらなくなり衰弱してきているし便が思うようにでないのでものすごく力強くいきむので鼻がはれてしまいつまってしまう。このまま鼻がふたをされて息ができなくなってしまったらどうしよう、いやだよう助けて」と泣きます。その考えを変えずにネットなどで自分で鼻の図をみてここがおかしいんだうつじゃないっだと言い張ります。」姉も私も一度専門に入院をして社会復帰に向かうようにさせたいのですがどうにも本人が納得をしませんで私も姉もおかしくなってきます。どうサポートしていけばよいのか、果たしてなおるのでしょうか?

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

大変な状況ですね。

精神保健福祉センターに相談されてはどうでしょうか。保健師が訪問してくれることもありますし、とにかくお姉さんを孤立させないよう、どこか相談できるところが必要だと思います。

ご本人さんはうつ病というより、心気症や強迫性障害、パニック障害、などの要素が強いように思います。

またかなりこだわりが強いようなので、発達障害(自閉症スペクトラム)などが根底にあるのかもしれません。

鼻については、本人の妄想ではなくもしかしたら上咽頭炎の可能性があるかもしれません。

この疾患は積極的に診ているところでないと異常なしにされてしまいます。

上咽頭炎をHPに記載してあるような耳鼻科に一度かかってみてはどうでしょうか。

上咽頭炎については下記参考にしてください。

https://mirai-iryou.com/shinryo/bspot/

あといきむと鼻が浮腫むのは、上半身の血圧が上がることと、交感神経が賦活されることで血管運動性鼻炎になっているのかもしれません。

入院できるところということですが、当サイトでは特定の医師や病院の紹介や斡旋は行っておりません。

先ほど述べた精神保健福祉センターに相談ください。

入院設備のある病院を教えてくれると思います。

あり得ないと一蹴されるとわかってくれない!との思いから余計かたくなになるので、鼻が詰まると息が苦しいから不安になるよね。でも万一鼻が蓋をされても口で呼吸できるから大丈夫、と言って差し上げてもいいと思います。

相手の症状をはなから全否定するのではなく、その辛さをに理解を示した上で、アドバイスをすると受け入れられやすいと思います。

また、お兄さんのような方の場合、本人の抱えている身体的な辛さに対する訴えに共感の姿勢を示すだけで症状が改善することもあります。

根柢にあるのは孤独による不安ですので、ボランティアに参加するように促すなどされてもいいかもしれません。

習い事とか地域の集まりには行かないでしょうから、ボランティアであればプライドの高いお方でも参加しやすいかもしれません。そこで知り合いなどができればいいのですが。

心療内科と精神科の違いは、本来は、心療内科とは心が原因で身体に症状が出ている人、心身症などを診療することが目的の科目ですが、巷にあるほとんどの心療内科は精神科と同じです。看板を心療内科としておいたほうが、一般の人抵抗なくがかかりやすいからそうしているだけです。心療内科のトレーニングを受けた医師がしているわけではなく精神科の医師がしています。

Dr.Katoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
19969;寧にありがとうございます。さっそくサイトをしましたところ、兄の症状に非常に該当しまして、さっそく近場を病院をさがしたいと思います。また心療内科ではうつの治療としてかかっております。明日は同行いたしまして一度話を聞いてまいります。何とか次の方法を見つける手立てを頂戴できました。また何かの時にはどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

精神科 についての関連する質問