JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 1921
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

53歳男性です。イライラや不安が止まらなく, 血圧を下げるアムロジンとミカルディスです, 更年期なのか自分の弱さなのか?

質問者の質問

53歳男性です。イライラや不安が止まらなく
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 血圧を下げるアムロジンとミカルディスです
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 更年期なのか自分の弱さなのか?
投稿: 11 日 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

総合診療医のKKと申します。

「更年期なのか自分の弱さなのか?」がご質問なのであれば回答は致しかねます。

【情報リクエスト】

①このインターネット遠隔医療相談でご質問になりたいことを具体的に教えていただけますと幸いです。下記規約の範囲内で私どもは、どのようにあなたのお役に立てるでしょうか?

※インターネット遠隔医療相談は現実世界の医療機関受診とは異なります。医療機関ならば、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。ジャストアンサーとは、それを期待していただく場ではないことにご留意下さい。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできません(医師法における「無診察診療」と見做される恐れがあります)。

対面診療を伴わないインターネット遠隔医療相談でお答えできる範囲には限りがあるのです。

実際、ジャストアンサーの専門家登録規約には以下の記載があります。

(e) 医学、健康、獣医、ペットまたは大型動物分野の専門家は、医学または獣医学上の助言ではなく一般情報のみを提供するものとし、直接の診察または話し合いの後でのみ行われるべき診断、治療、または治療や行動の推奨は行わないものとし、当サイトで専門家と依頼人の関係を確立するような行動またはコミュニケーションを慎むものとする。

https://experthelp.justanswer.com/hc/ja/articles/201467930

その点をご理解いただいた上で、私どもにどのような回答を期待されているのかを具体的に述べていただけるとありがたいです。

「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載いただけるのがベストです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

※電話相談をお勧めするメッセージが送られるかもしれませんが、それは私ども専門家が送っているのではなく、サイトが自動的に送っているものです。やり取りをしている専門家が、必ずしもその時に電話対応が可能であることを担保するものではないことにご留意下さい。 メールはサイトからの自動送信メールですのでそれについて専門家に返信しないで下さい。

質問者: 返答済み 11 日 前.
30007;性の更年期障害の症状と精神疾患の症状の違いは
どのような違いがありますか
専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

ご返信ありがとうございます。

事実上、臨床症状からだけでは男性更年期障害(LOH症候群)と精神疾患(うつ病)を鑑別することは不可能です。

これは学会が公表している診療ガイドラインにも記載があります。

「LOH症候群の精神症状はうつ病と類似しており,その鑑別は難しい」

LOH症候群の診療の手引き - 日本Men's Health医学会より(10ページ)

http://www.mens-health.jp/wp-content/uploads/2018/08/LOHguidelines.pdf

また、LOH症候群と精神疾患の合併もあるので、どちらと厳密に区別できるものではありません。

例えば女性でも、更年期障害を契機にうつ病を発症する場合があります。

LOH症候群の診断、うつ病との鑑別は、血中テストステロン値の測定、ホルモン補充療法への反応などから、慎重になされることになります。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

「いわゆる『男性更年期障害』の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが『うつ病』などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に『男性ホルモンの低下=症候群』が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である」

男性更年期障害―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状のつに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下=症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

専門家:  Dr-K 返答済み 11 日 前.

いわゆる「男性更年期障害」の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状の3つに分類され,当科では男性ホルモン補充療法を中心に治療を行っている.ただし,その症状のほとんどが「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合が多く,症状からだけでは,はたして本当に「男性ホルモンの低下= 症候群」が主要な原因であるのかどうかの鑑別は難しい.そのため患者の状態により適宜,精神神経科との連携を密に行うことが必須である。

男性更年期障害

―症候群の観点から―

邵仁哲

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-6/sou.pdf

精神科 についての関連する質問