JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Konishiに今すぐ質問する
Dr.Konishi
Dr.Konishi, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 2986
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Dr.Konishiがオンラインで質問受付中

衝動爆発的パーソナリティ障害として診断された場合、未開発の意識に対しての人格障害に対しての回復処置はあるのでしょうか。

ユーザー評価:

衝動爆発的パーソナリティ障害として診断された場合、未開発の意識に対しての人格障害に対しての回復処置はあるのでしょうか。
また日本国内にて同症状に対し経験豊富な最先端な回復処置をお持ちな病院(医師)はいらっしゃるのでしょうか

ご自身の特性を把握し、向き合い、トラブルとなることに対する対処の仕方を身に着けていく中で、回復していくものと考えられます。

当方は地方在住のため、最先端の回復処置を持つ病院の情報は持ち合わせておりません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
26410;開発の意識レベル(深層心理)ではまず、向き合うと自体が難しく感じます。引き続き回答お待ちしております。

このサイトは、相談者様が質問料金を提示した上で質問を投稿し、専門家は専門知識を用いて回答する場所だと考えております。

そのため、相談者様と専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要があります。

なお、医師法に基づき実際の診療行為のない医療相談サイトで具体的な指示を出すことは医師法違反となる恐れがありますので、それに基づいた回答になります。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。当回答者はPCで回答しておりますので、サイトを立ち上げた状態で席を離れている場合があります。その場合、相談者様にはオンラインと表示されているようですが、返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 月 前.
22238;答の前半、後半が破綻し相反しております。具体的な質問を投げかけてたとしても、医師法に基づくため訴求した回答はできませんとしか聞こえません。
当方としては、二点の質問を投げかけたのみで曖昧な回答、地方なのでとの回答は如何なものでしょうか。自殺まで考えた患者からのお応えになっているとはおもえません。失礼ご無礼かもしれませんが、切羽詰まっての本問い合わせを受けて行っていることを認識して頂きたくよろしくお願いいたします

貴意に添った回答ができず、大変申し訳ございませんでした。

追加のご意見を拝読させていただきましたが、貴意に添う回答の案出は困難と判断いたしました。

オプトアウト(回答辞退)いたしますので、他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

回答者が交代しました。

以後よろしくお願いします。

日本では人格障害専門の病院というのはありません。

人格障害も診療してくれる病院を探すという方が現実的です。診療してくれる病院自体が少ないのです。

人格障害の場合、こちらでも「いい病院」「おすすめの病院」を質問される方が多いのですが、当サイトでは特定の病院や医師の紹介斡旋をそもそも行っていないのに加え、人格障害の方のいう「いい病院」「おすすめの病院」というのは、自身の要求に100%答えてくれる病院を意味しているため、そのような病院は存在しません。

人格障害の方は、少しでも自分の意にそぐわないことがあると、この病院は合わない、この医師はよくない、としてドクターショッピングを繰り返し継続治療が難しかったり、行っても意味がないとして治療を中断してしまいます。

ですので、自分の要求に100%沿うような理想の病院や医師は存在しない事を前提として理解して、嫌な事が少し合ったとしても妥協して継続通院するということが最も大事な事だと思います。

日本の保険診療では、話をきいてもらえる時間と言うのはどうしても数分くらいしかありません。人格障害を治療しようと思えば、精神療法は必須なので、臨床心理士が在籍しているクリニックがいいと思います。

臨床心理士が在籍していないと、今の保険診療の医師の短い診察時間では医師が精神療法を行う事は困難ですので、臨床心理士が行います。臨床心理士が在籍するところであれば、医師の診察の他に精神療法で+1時間くらいは話ができます。

経験豊富で最先端の処置をもつ病院ということですが、パーソナリティ障害の治療では、精神療法(心理療法)が重要な役割を果たします。精神療法は、患者が治療者と協力して、問題への認識を深め、それへの対処法を築き上げる、自分の思いや気持ちを整える、といった作業を進めることによって克服しようとする治療法です。取り扱われる問題は多様なものになりますので、さまざまな治療アプローチが組み合わされて用いられることがあります。そして多くの場合、それらの治療アプローチをしばらく継続して積み重ねることが必要になります。欧米では、比較的短期間の集中的治療によって大きな成果を得ることができる精神療法プログラムが開発されています。しかしそれらの治療は、医療経済的な事情などから、日本ではだ十分普及していません。残念ながら、国内では確立された治療法というものはなく、どこでも治療は手探りで行っている状態です。質問者様の希望するような最先端で経験豊富なことを、ただ黙って受診すれば提供して貰えるという期待で受診できるようなところはない、というのが実情になります。

ですので、人格障害を診療してくれる臨床心理士の在籍するところを探して、一緒に我慢強く治療を手さぐりしながら頑張っていくということになると思います。

弁証論的行動療法やマインドフルネスなども効果はあるかもしれません。

パーソナリティ障害では、一定の認知・行動のパターンが問題になります。その認知・行動のパターンに対して自分でうまく対処でき方法を日常生活においてみつけていくことになります。さらにそれを積み重ねることによって、そのパーソナリティ障害の特性を修正できるようになる可能性があります。ご自身の治したいという気持ちと、継続治療していくという意欲・努力、自分の認知や行動パターンを理解しどうすればいいか考えていくことも大事になります。

病院を探す際は、下記のようにパーソナリティー障害を扱っていることをHP上で明示していて、様々な精神療法を受けられるところを基準に選ばれてはどうでしょうか。

http://momococoro.com/MentalTherapy.html

このように対処法を新たな習慣として身につけていくことは、パーソナリティ障害の重要な回復の道筋の一つだということができます。また、さまざまな人生経験を積むことも、回復に役立つはずです。人生経験は、パーソナリティ障害の問題への対処法を考えるための重要な基礎になります。

>未開発の意識レベル(深層心理)ではまず、向き合うと自体が難しく感じます。

→そういったことよりも、現実的には、意識にあがっているレベルの自分の認知や行動のパターンを見直す・向き合うことが必要だと思います。

回答に不明点があれば返信機能を利用されてください。

利用規約に記載されていることですが、念のため、現状について説明いたします。

  1. 現状、質問者様はジャストアンサーにお金を前払いしている状況です。
  2. 質問者様が画面右上のボタンから星の数を選んで評価を付けて頂きそれが★3つ以上のプラス評価であった場合、前払い金の一部がサイトから報酬として回答者に支払われます。ですので、回答者は報酬を受け取っていない状態です。
  3. 一定期間が過ぎるとあなたが支払った仮払金はジャストアンサーのプール資金になります(返金されなくなるということです)。

現状、あなたは払い戻しもされておらず、かといって回答に対する評価もしておらず、これはつまり、ジャストアンサーというこの仕組みを運営している会社にお布施的にお金を支払うことには納得しているけれど、回答者である医師には報酬が渡ることは納得できない、という状況なのでしょうか?

Dr.Konishi, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 2986
経験: 勤務医
Dr.Konishiをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 29 日 前.
36969;切な回答いただきました。ありがとうございます。

精神科 についての関連する質問