JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
LLに今すぐ質問する
LL
LL, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 1811
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
LLがオンラインで質問受付中

小学生六年生の男の子です。 年々、家での癇癪がひどくなり、今も「あー!」「うー!」とか叫んでます。

ユーザー評価:

小学生六年生の男の子です。
年々、家での癇癪がひどくなり、今も「あー!」「うー!」とか叫んでます。
とにかく好きな事を優先するため、宿題や学校の準備も夜中に始めたりするので、注意すると癇癪が始まります。あまりに煩く、「やった」とか「やる」とか、言ってもまるでやってなく、うそばかりつくので、私達夫婦も頭に来て、手を出してしまうときがあります。その時でも叫ぶ、だけで逆効果と後で思うのですが、叩かずにはいられません。とにかく調子がいいので、やってるときのアピールは凄いです。自分の好きな学校の係りの仕事などを家でずっと約束したからと、やっていて、寝不足です。
私達の願いは、宿題や学校の準備、歯磨きなどなど最低限の事をやって遅くとも11時には寝てほしいのです。朝は全く起きず、起こすと不機嫌でまた叫んでます。
人前では普通にしてますが、挨拶などは苦手です。
昨年、市の教育センターにも通って、テストをしました。小1レベルの簡単な計算でも勘違いで間違えが多く感じが苦手です。覚えてもすぐ忘れます。知識などぎあり総合的には平均より少し高いくらいなのですが、ワーキングメモリーがかなり低めでバランスが悪かったです。
発達障害というにはかなりグレーな感じを受けます。毎日のように癇癪が起こるようになり近所迷惑ですし、このままでは家庭が崩壊しそうです。何処か子供の生活を規則正しくさせるため相談できるところはないものでしょうか。川崎市高津区在住です。

質問ありがとうございます。

ご心配のことと思います。

質問文に記載のある特徴や、総合点はそれなりにあるのに、ワーキングメモリーが低い、ケアレスミスが多いということからは、ADHDを疑うように思います。

市の教育センターは通われているとのことですが、まだ病院には受診されたことがないようなので、発達外来を受診して診断を受け、継続して通院し、治療やトレーニングを受けられるのがよろしいように思うのですがいかがでしょうか?

詳しくは、発達外来でトレーニングをうけるのが一番と思いますが、仮にADHDであれば自分で段取りを立てるのが苦手で、やらなければならない期限が決まっていることを先送りしてしまうということがあります。視覚情報の方が頭に入りやすいということもあるので、1日のうちやらなければならないスケジュール表を時間割表のような形で作って、何時に〇〇をする、できたらチェックを入れる、出来たら褒めてあげるということをしてみてはどうでしょうか。スケジュール表をつくるときは、本人と相談しながら一緒につくるのがいいと思います。

やったアピールがすごいというのは、自分を認めて欲しいという欲求が強いのだと思います。

発達障害の子は、他の子ができることができないので、劣等感をいだいたり、自己肯定感が低くなったり、その反動で認めて欲しい欲求が異常に強くなったりということがあります。

ご家庭では、出来たことに対しては十分褒めてあげてください。

ADHDの子には叱っても響かないことは多いです。叱るご家族だけが疲弊して、本人はすぐに忘れる、何故起こられているのか分からないということも多くあります。できたことを褒めてあげて、次もやらせる、というほうがいいと思います。

褒められるのは大好きなはずですので、できたら褒めてあげる、宿題を1週間〇時までにできたらご褒美で~しよう、など、叱る・罰を与えるよりも、褒める・できたらご褒美をあげるから~しようと励ます、というほうがADHDの子には向いていると思います。

下記のサイトで、ADHDの症状チェックや、病院検索ができます。製薬会社のサイトですので医師の監修も入っているサイトになります。

https://adhd.co.jp/kodomo/selfcheck/index.html

同じサイトの別ページになりますが、お子様との接し方について下記も参照にされてください。

https://adhd.co.jp/kodomo/kaiketsu/families.html

発達障害の子供は、具体的に指示をしないと、抽象的な指示からその内容を自分で考えることができません。

ダメ、といわれても何がダメなのか考えることができないのです。具体的な指示をしてあげるのがいいです。

下記も同じサイトのページですが参考にされてください。

https://adhd.co.jp/kodomo/about_adhd/

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12450;ドバイス、色々と有難うございます。もう一度誉めてやる気になってもらいたいと思っているのですが、中々最近ではうまくのってくれません。
低学年の頃は時間を決めて、一緒に頑張っていたのですが、高学年になって難しいことも増えたせいか、勉強も好きな社会と理科しかやりません。最近は理科も漢字を間違えたり、問題の意図がつかめなかったりであまりやらなくなりました。「少しづつでもかんばろうよ、」と声かけはしてるのですが。
最近は宿題を夕食までに終えよう、テレビとか好きなことは、その後で、ということにして2日ほどはやってました。ゲームは持っていませんし、友達とも遊んでません。テレビや絵を描くこと、工作すること、本(図鑑が多い)を読むことが好きです。「やれば、できるじゃない!」「すごいね、がんばってるね」と言っていたのですが3日目、もうどうでもよくなったようで、やりません。「テレビみたらやるから、おねがい!」とか結局、その後はやらず、また騙された気分にさせらへます。「うそをついてはいけないよ」「自分で決めたらやろうね」と言ってももう眠くて無理!といってだらけてしまいます。もう先に好きな事をやらないで、と言っても反抗して好きな事をやってしまうようになりました。今さら、頑張ろうと言っても聞いてくれない状態です。で、こっちも注意すると癇癪です。
主人は更正施設などはないのか?とかいってますが、病院の専門家にみてもらうのが、一番いいのでしょうか?正直、薬などは飲ませたくありません。ずっと飲まなければならなくなりそうなので。

>、病院の専門家にみてもらうのが、一番いいのでしょうか?

→それは当然そうです。

まずは、発達障害といっても色々な種類がありますので、まずはどの種類の発達障害なのか診断を受ける事が必要です。

発達障害の中でお薬があるのはADHDだけになります。

ADHDと診断がつけばお薬を使えることになります。

参考になるとして貼ったURLは読んで頂けておりますでしょうか?そこからの引用になりますが、お薬については、下記の記載があります。

お薬を使う目的は、ADHDの症状を改善することによって、悪循環を断ち、子ども本人が学ぶ機会を得やすくしたり、成功経験を重ねたり、他者からよい評価を得たりすることで、二次障害を防ぎ、自尊心を獲得することを支援することです。 お薬で子どもの行動を抑えつけるのではなく、お薬はあくまで助け舟であり、子どもの努力を応援する役割なのです。 現在日本においてADHD治療薬として承認されているお薬は下記の3つであり、お薬の形としては液剤(内用液)、カプセル、錠剤の3種類があります。単剤での治療が推奨されています。」

薬はずっと続けると言うよりも、質問者様の家庭のように疲弊してなにもかもがうまくいかなくなっているような時に、悪循環を断つために用います。

本人の状態が良くなれば、いい循環が生まれます。

色々な事がうまくいきだせば、お薬の力を借りなくても大丈夫な状況になれば、またやめることは可能です。

>主人は更正施設などはないのか?とかいってますが

→ちょっと論外の考え方ですね・・・。

まずは、ご家族もペアレントトレーニングを受けるなどで、正しい知識を持つ必要があると思います。

>正直、薬などは飲ませたくありません。

→薬を飲むかどうかは、ADHDかどうかもまだわからないし、飲むかどうかも本人・家族の自由です。

ただ、受診して診断とトレーニングだけでも受けられた方がいいとは思います。

LLをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
34220;などに関してのサイト、そして内容のご説明、本当に有難うございます。ためらわず、医師の診断を受けさせようと思います。
同時に私ども親が子供に接する際も夫と同じ方針で固めて行けるようにしたいと思います。
かなり、長々とお話を聞いてくださり、ありがとうございました。まずは気が落ち着きました。
本当にありがとうございました。

大変だと思いますが、質問者様自身がストレスをため込みすぎないように、ご自身の気晴らしをしながら、生活されてください。

サイトにも記載があるように、気になる行動をしているときに、時には目をそらすということも必要です。

病院を受診されるとのことで安心しました。

お大事にされてください。

精神科 についての関連する質問