JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 1075
経験:  勤務医
99857541
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

子供のゲーム依存について、とても困っています。 まずは子供の紹介です。 12歳、小6男子

ユーザー評価:

子供のゲーム依存について、とても困っています。まずは子供の紹介です。
12歳、小6男子
今年11月上旬から起立性調節障害と過敏性腸症候群を発症し、外出はほぼ不可能に。
登校は5限目か終わりの会で精一杯。
登校の意志は強いが、頭痛やめまいで夕方まで寝たきり。夕方以降に体が戻るので、嬉しさもあり、ゲームに没頭。元々釣りや外遊びが趣味で、楽しみを奪われているから、今はゲームでしかストレスを発散できないと。病気と望まぬ不登校でストレスはマックス。
他の事を勧めてもダメ。
体調を崩す前は、ゲームのルールも守っていたし、宿題もやりました。今は夕方以降に体調が戻っても、宿題はやったりやらなかったり。ADHDの不注意優勢型(多動衝動はゼロ)で、精神的不安定もあり、発達外来受診中。(ストラテラを10日前より服用)無理やりwifiを切るなどすると、キレたり弟への暴力あり。
弟への暴力は2年前からで、プレイセラピーやカウンセリングでかなり緩和できていますが、ゲームが絡むと出ます。主人はパソコンを仕事場に持って行って、一切断ち切ると言いますが、残された私と弟が悲惨過ぎて、なんとか話し合いでルールを決め直さないか、と考えていますが、守ってくれる見込みはなさそうです。そして確かに彼のストレス発散は、ゲーム以外ありません。
本?漫画?アニメ鑑賞?
私との会話?おもちゃで遊ぶ?
どれもダメ、満たされないそうです。ゲームが絡まなければ、親子関係はとても良好です。
思春期ですが、まだまだ私にたくさん甘えて来ます。主人が言うように、荒治療でも一切奪うべきですか?
もう一度望みを持って、子供と話し合うべきですか?
起立性調節障害の要因として、ストレスもありますし、実際療養中の不自由さからのストレスも、限界に近いです。夜は眠れて、朝に起床できています。
ただ、昼頃まで頭痛で起き上がれません。どうするべきでしょうか。
長々と申し訳ありません。

質問ありがとうございます。

お辛い状況ですね。

元々釣りや外遊びが趣味ということであれば、夕方や夜にやっているスポーツ系の習い事やスポーツ少年団に参加をされてみては?

夕方から体調が戻るのであれば、可能ではないでしょうか?

また、5限目の終わりからは出られるのであれば、せめてもそれは続けるべきだと思います。そして、その頃には外に出られるのであれば、その後から学童に行くとか、塾に行くとか、身体を動かすような習い事や外遊びをされてみてはいかがでしょうか?

>今は夕方以降に体調が戻っても、宿題はやったりやらなかったり。

→これについては、きちんとやらせるべきだと思います。午前中は身体の問題で学校に行けなくても、夕方以降は体調が戻るなら、せめてできることは続けないと、ずるずるいってしまうと思います。

>主人が言うように、荒治療でも一切奪うべきですか?
もう一度望みを持って、子供と話し合うべきですか?

→一切奪うまえに、一度話し合いをしてルールを設けるのがよいと思います。

・ゲームをする時間を守る(具体的に決めておくのがよいです。2時間以内、もしくは17時~19時の間、など)

・宿題は必ずする

・弟に暴力を振るわない

この3点が守れるのであれば、ゲームをしてもよいが、守れないのであればゲーム一切を家からなくすことにするがどちらがいいか、ということでご主人と質問者様と子供と3人で一度話し合われてはいかがでしょうか?

その際に、お子様の特性を考慮して、紙に書くなどして、視覚的にわかりやすく提示し、ルールは抽象的なものではなく具体的に決めるのがよろしいと思います。

>そして確かに彼のストレス発散は、ゲーム以外ありません。
本?漫画?アニメ鑑賞?
私との会話?おもちゃで遊ぶ?
どれもダメ、満たされないそうです

→そこ甘やかすべきではないと思います。おそらく、今はゲーム依存になりかけていますので、今の段階で他のストレス発散方法を見つける努力をしないと、ゲーム依存になって昼夜逆転になってますます社会生活が困難になるのは目に見えています。

ゲーム依存はアルコール依存症などと同様の精神疾患ととらえられており、治療は非常に困難になります。

外遊びが好きなら、午後からでも身体を動かす遊びをしてストレス発散をすればよいのですから、何か気に入るものがあるか、スポーツ系の習い事体験に色々と行かれてみてはいかがでしょうか?

起立性調節障害で朝起きられない事を責めるのはご法度ですし、そこは理解を示してあげる必要がありますが、体調が良くなった午後の事についてはきちんとルールを決めて、甘やかすべきではないと思います。

>守ってくれる見込みはなさそうです。

→これについては、ルールを破ったらその時点で家ゲームができる環境を取り上げるというルールにすればよいと思います。

オンラインゲーム依存症は下記のように精神科の治療範疇になります。まだまだ専門で治療を行っている病院は少ないので、どこの病院でも治療ができるというわけではないのですが、今の発達外来の医師に相談されてみるのがよろしいと思います。

オンラインゲーム依存症について

http://www.kurihama-med.jp/tiar/tiar_04.html

ネット依存症について

http://www.ohishi-clinic.or.jp/net_about.html

オンラインゲーム、ネット依存について、下記のページも参考にされてみてください。

https://www.brieftherapy-counseling.com/net-game-1381.html

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
36805;速な対応ありがとうございました。補足になりますが、夕方に体調が戻ると言っても、完全なではなく、1人での外出を怖がります。
夕方でふらつき、めまいがあるので自転車に乗れません。一度、私が送迎したり、物陰に隠れて待機するから、体調悪くなったらすぐ帰れるし、友達と釣りに行けば?と提案したのですが、やはりそこは思春期。
私との同伴は嫌がりました。体を動かすことも、スポーツも好きなのですが、団体に所属する事をとても嫌がり、入ろうとしませんでした。
スポーツの習い事は、親主導では続かないのは目に見えているので、無理強いはしていません。
スイミングに通っていますが、温水なので今は無理です。
(風呂に入ると体調が悪くなるので、水温が温かい日は帰宅して倒れたりしました)今まで何度か夜の散歩には誘ってみました。
短い距離ですが、それは承諾します。
散歩なら続けて行けると思います。
頑張ってみます。ただ、帰ったらゲーム、なのがどうにもこうにも。先生のおっしゃるように、ルールを見直そうと思います。今のルールは宿題が終われば20分やっても良い。
宿題以外の勉強をすればプラス10分。
総括して1日のメディアは90分まで(ゲーム入れて)。
ウチはウチ、よそはよそ、なのですが、子供は「みんなもう少しやってる!」と主張します。いっそのこと2時間くらい取ってあげれば、ダラダラやったりしないのかもしれませんね。
だけど当初決めたルールが守れなくなって、時間もダラダラして来た経緯もあり、主人が2時間を承諾するかどうか、、、
そこら辺は家族会議で決めようと思います。基本、子供は自分に甘いです。
それは私の主観ではなく、主治医から話がありました。
弟への暴力も、弟への甘えで、自分ルールなら、社会的ルールより優先して何でもやって良い、と言う考えから脱するのは高校生くらいだと言われました。
精神が幼すぎるそうです。なので、本人は暴力も肯定中です。
それに関しては通院中で、医師からも指示があるので毎日の積み重ねで更生中ですが、やはり暴れたり暴力が出たりすると、私もホトホト疲れて、時々ラクになりたいと思ってしまいます。でもそこは心を鬼にして、ルールを徹底するべきですよね。当たり前ですけど、ゲームを辞めさせる事を、あなたを救うことだ!と言ってみても、もちろん子供は理解しませんし、これは自分との戦いだと思います。身体が不自由なぶん、不備だなと思って判断が鈍っていたんですが、やるべき事は見えたと思います。追加のメッセージ、拝見してから、また返信します。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
36861;加メッセージ読みました。少しわかりづらいかもしれませんが、書きますね。子供の発達外来は、子供の為だけの受診時間なんです。
少し変わった、時々理解に苦しむ行動のある担当医なのですが、さすがプロで全面的に子供の味方なんです。心理士がセラピーをした後に、担当医の診察があるのですが、私が口を開く事を許されません。
担当医と子供の診察に、私が引率している状況ですね。で、先日ゲームで揉めに揉めて、次の外来の時に担当医に相談する!と私が宣言し、そうなったら絶対ゲーム禁止になると思うよ、と子供に伝えました。
本人は嫌だ、担当医には言わないで!と言ったのですが、もし担当医がそう言うなら、ゲーム断ちの覚悟をするとのことでした。外来当日。
基本、私の発言は許されないので、子供に小声で「ねぇ、あのこと(ゲーム依存)のこと、言ってもいい?」と尋ねました。
子供はやめて!やめて!と笑いながら、恥ずかしがっていると、担当医が「本人がやめてって言うことは、しないであげてね〜」とにこやかに言われ、それっきりです。親だけの診察日もありますが、10日程先で、私にとってはまだまだ先な感覚でした。
なので先にここで相談させていただきました。次回の親だけの診察日の時に、相談しようと思いますが、真顔で「あれ?子供に口止めされてなかったっけ?」と真顔で怒られそうで怖いです。急に怒ったり、優しかったり、本当に昔から苦手でつかみどころのない先生なんです。
私はそう思いますが、子供にとってはスペシャルな先生なのかもしれないので、親の主観は横に置いておくと言った感じです。田舎なので、どの病院に受診しても、必ずその先生に行き着きます。
県外に行かない限りは、セカンドオピニオンは無理な状況です。
なかなか厳しいですね(笑)でも子供は先生に心を開いています。
そこがすごいなぁと思います。

2時間と書いたのはただ具体的に時間を決めた方がいいという一例であって、ただの例として書いただけの何の根拠もない時間設定ですから、時間設定をどのようにするかはそこは家庭で話し合われて決めてください。

>自分ルールなら、社会的ルールより優先して何でもやって良い、と言う考え

→成人した発達障害の人が社会に馴染めなかったり、嫌われたり、仕事をくびになったりするのは、まさにこのような考えを持っているからです。少しずつでも、社会的ルールを守らなければいけないということを守れるようにしていったり、世界は自分を中心に回っていて何でも自分の言うことをきいてもらえるという考えを改めていく訓練をしていかなければ、本人のためになりません。

ルールを守ればゲームができる。ルールを破ればゲームはできない、ルールを守ればいいことがある、ということを学ぶ機会でもあると思います。

今は暴力が弟に対してだけで済んでいますが、気に入らないからといって他人に暴力をふるうようになってしまったら、それこそ犯罪行為になってしまいます。

>当たり前ですけど、ゲームを辞めさせる事を、あなたを救うことだ!と言ってみても、もちろん子供は理解しませんし

→周りの気苦労や根気も必要ですが、ルールを守ればいいことがある(いいこと=ゲームができる)というようなプラスの面を強調して、本人にルールを守ることでメリットが得られるということを学ばせていく必要があると思います。

「貴方を救うこと」という抽象的な概念は、比喩や抽象的なことを理解しにくい発達障害の子供には理解できないと思いますから、実際に具体的なご褒美やメリット(ルールを守ればルールの範囲内でゲームができる等)があることを本人に分からせるように説明するのがいいと思います。

>子供の発達外来は、子供の為だけの受診時間なんです。

→親だけの受診日が別に設けてあるようなので、子供の受診日は子供の診察に充てるという方針は理解できます。そうでもしないと、子供の受診なのに親がひたすらしゃべって終わる、というような親御さんも多いので、そのようなルールを設けているのでしょう。また、子供に、自分の診察であるという自律の意識を持たせるためにもそうされているのかもしれません。

>急に怒ったり、優しかったり、本当に昔から苦手でつかみどころのない先生なんです。

→その先生自体、もしかしたら発達障害の一種であるアスペルガー症候群を持っている可能性もあるかもしれません。実際、医師のなかにはアスペルガー症候群の人はわりと多いと言われています。しかし、幸いなことに、一般の職場に比べて、医師という職業は記憶力に優れ一つの事に没頭しやすいアスペルガー症候群の人には仕事が継続しやすい職場であると感じます。

一つの事に没頭する性質は研究に向いていますし、社会性が欠如していても、色々な事は看護師さんや事務職員がカバーしてくれますから、診察さえやっておけば、ちょっと変わった先生、と思われていても仕事は行えます。

また、質問者様のご子息のように、発達障害の人は、周りが自分の言うとおりに動いて当然、自分のために何でもやってくれるのが当たり前と思っていたり、また親や周囲も暴れたり癇癪を起されると困るのでなんでも本人の言うとおりにしてきて、そのまま大人になったような人が多いのですが、医師というだけで、周りの職員がある程度気を遣って特別扱いの待遇をしてくれますので、そういう人でもなんとかなってしまう、というこがあります。普通の会社では働けないレベルの社会性の人でも何とか、変な人だとは思われながらも仕事の継続がしやすい職場であるとは思います。

ですので、今後社会に出るにあたって、ご子息の特性に見合った、ご子息の状態でも続けられる職業を選択するというのは非常に大事になってくると思います。また、成人して社会に出るまでに、社会のルールを守るということだけはできるようにしてあげないと本人が困ることになります。

主治医の先生が発達障害と決めつけているのではなく、もし仮に発達障害があったとしても、その特性を生かして仕事が続けられる職場がある、そういう職場を選ぶことが大事になってくる、という例で話をさせて頂きました。

主治医から、もしかしたら真顔で「あれ?子供に口止めされてなかったっけ?」と真顔で怒られるかもしれませんが、頑張って相談してみてください。怒られたらしょうがないし、何か有益なアドバイスや、協力が得られればラッキーだと思うくらいの気持ちで挑んでください。

>田舎なので、どの病院に受診しても、必ずその先生に行き着きます

→児童精神を扱っている医療機関は、都内でもない限り、限られてきます。

幸い、今の主治医に子供が心を開いているのならよかったと思います。

今はセラピーや診察も受けられているので、他の子供たちに比べて恵まれている環境にはあると思います。

大変だと思いますが、主治医とご主人と協力して頑張ってみてください。

当初の質問に対する回答は終了したように思いますので、追加で質問がなければ、回答に対する評価をお願いします。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの星の数を選んで、回答を評価してください。

プラス評価をすると、最初に質問者様が設定したこの質問に対するjustanswer利用料金(前払い)のうち一部が、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない場合は、最初に質問者様が設定した質問料金の全額がサイトにのみ徴収され、回答した専門家に報酬が一切支払われません。よって、プラス評価をすることで追加で質問者様に支払いが生じることはありません。またボーナスのお支払は任意です。

dr-yamamotoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問