JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zawan24に今すぐ質問する
Zawan24
Zawan24, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 933
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

最近,自分を見つめ直すようになり,他の人にはない自分独特の感性がある気がしています。このことは,両親,仲のいい友人を含め

ユーザー評価:

最近,自分を見つめ直すようになり,他の人にはない自分独特の感性がある気がしています。このことは,両親,仲のいい友人を含め誰にも話したことがありません。知っている人(知らない人に対してはあまり起こりません)に会いたくない,見られたくないと感じます。具体的に気になっているのは以下の3つです。
・ 朝起きた時,家にまだ父がいて支度をしていると気付くと,自分も支度をすべき時間であっても自室から出ることができません(どうしても時間が切迫している時は部屋から出て支度をしますが,なるべく父に会わないようにタイミングを見計らいます)。
・ 大学で,教室に入るのに勇気がいります。講堂は前からしか入れません。着席するまでみんなに見られるのが怖い?です。緊張する,という方が正確かもしれません。特に遅刻をした時や,少人数クラスの授業では顕著で,教室の目の前まで行ったのにそこでうろうろした挙句そのまま引き返して帰宅したり,図書館で勉強したりします。
・ 道で父(帰宅時間が偶然一致した時など)や友人を見かけると,見つからないように顔を伏せて時にはルートを変えます。しかしいずれの場合も,「父,友達とうまくいっていない」わけではありません。話し始めれば楽しいし緊張もしません。でもなぜか,「会う」瞬間の直前が耐え難く緊張します。それを越えれば緊張はなくなります。
それでも今までは,大学にある程度きちんと通えていました。しかしここ週数,(面倒で行きたくないという要因がないと言えば嘘になりますが,)大学の講義に出席した場合に自分が受けるであろう友人からの視線?を想像すると,大学に行きたくない,という気持ちが大きくなるようになり,ほぼ全く通学できていません。最後列の一番はじの席なら座れそうですが,それでも誰かに話しかけられるかもしれないと思うと怖いです。もし自分が透明人間だったら通える気がします。仲のいい友達だし怖がる必要など微塵もないこと,そもそも誰も自分に注目しておらず,「出席した場合に受ける友人からの視線」など無きに等しいことは頭ではわかっています。しかしそれでもダメなのです。実際ちょうど1週間前に,時間的にはギリギリ間に合っているにもかかわらず少人数の授業(出席が厳しい)をサボってしまいました。それも大学の敷地までは大急ぎで到着したのに,です。出席義務のある授業を欠席したのは初めてでした。繰り返しになりますが,自分の行動が理にかなっていないことは頭では十分理解しているつもりです。なお,家でのエピソードで「父」のみが登場し「母」が登場しないのは,両親が離婚し,父の(単身)赴任先と私の通学する大学が近かったために,現在は父と私の2人暮らしをしているためです。母は仕事の関係で数百キロはなれた地(父や私のもとの居住地)で暮らしています。離婚はちょうど1年前で,父との同居はそれより前から続いています。ここで,質問したいのは,以下の2点です。
・ 私は何かの病気,ないし性格の病的な逸脱があるのか。
・病気であってもそうでなくても,自分のこの性格?は無くしたいと思っています。どうすればいいでしょうか。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12300;講堂は前からしか入れません。」というのは,「講堂の構造上,前からしか入れない」という意味です。「自分の精神的理由で前からしか入れない」という意味でありません。分かりづらくてすみません。

初めまして、Zawan24というものです。

確認させていただきたいことがあります。

①今回ご相談の症状は、何歳ころから自覚されるようになったのでしょうか。ご両親の離婚の影響があるのでしょうか。

②離婚後、お父さんにお会いして、離婚の原因などについて話し合われているのでしょうか。

まず上記について、確認させていただけましたら幸いです。

なお、医師法に基づき実際の診療行為のない医療相談サイトで具体的な指示を出すこと
は医師法違反となる恐れがありますので、それに基づいた回答になります。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつ
でもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答を
お待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
① はっきりはわかりませんが,大学入学(2.5年前)以降だと思います。少なくとも高校時代に相談したような症状があった記憶はありません。はっきり自覚するようになったのはここ半年くらいだと思います。大学入学と同時に母から離婚について切り出されたので時期は重なりますが,それが相談した症状と結びついているという自覚はありません。② 同居しているので顔は合わせることがありますが,父と離婚の話題になったことは1度もありません。

実際に診察を行わない限り、判断は難しいですが、お話を伺う分では、親御さんの離婚が誘因となり対人恐怖症に罹患した可能性が考えられます。

その症状である視線恐怖により父親や友人に対して回避的になってしまっていると思われます。

向精神薬療法により対人緊張を和らげつつ、心理カウンセリングや認知行動療法によって対人恐怖への対処の仕方を身に着けていくことが有効であると考えます。

日常生活に支障が生じているのであれば、精神科・心療内科を受診されることをお勧めします。

Zawan24をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問