JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14725
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母は遅発性統合失調症で、50歳を超えてから発症、診断されました。 わたしは母が22歳の時に生まれたのですが、遺伝としては

ユーザー評価:

母は遅発性統合失調症で、50歳を超えてから発症、診断されました。
わたしは母が22歳の時に生まれたのですが、遺伝としては
やはり統合失調症の親から生まれた子供の素因を持っているのでしょうか?
その場合、わたしの子供へのも受け継がれると思いますが、素因が遺伝する確率はどの程度なのでしょうか?
また発症前に生んだ子供は、一般の人と変わらない程度の素因なのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

統合失調症は遺伝性が核因されている精神疾患です。

一般人口における統合失調症の発症率は1%といわれていますが、親御さんのどちらかが統合失調症に罹患している場合、そのお子さんが統合失調症を発症する確率は10%となります。

http://seseragi-mentalclinic.com/schizophrenia-heredity/

生まれた時から決まっている遺伝子の問題ですから、お母様の発症前に生まれてもこの確率が下がるわけではありません。

ドイツのルクセンブルガーという研究者が行った有名な(しかし少し古い)研究によれば、統合失調症患者の子供が統合失調症にかかる危険率は16.4%、孫では3%とされています。

相談者様のお子様が統合失調症を発症する確率も、一般人口よりは少し高くなることが見込まれます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.
19969;寧な回答をありがとうございました。
生まれた時から決まっている遺伝子の問題だから、発症前後は関係ないということなのですね。
よく理解ができました、ありがとうございました!

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問