JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14447
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

家族が統合失調症で入院したのですが、私から見ると入院以降容態が悪くなる一方でとても心配です。

ユーザー評価:

家族が統合失調症で入院したのですが、私から見ると入院以降容態が悪くなる一方でとても心配です。任意入院だったのですが、いきなり閉鎖病棟に入れられ外出不可、院内も廊下のみ出歩き可能で外は不可。とてもストレスだった様で余計に考え込む→さらに悪く。
余計に制限が厳しくなり退院申し込むも不可との返事。本人が死にたくなる。閉鎖隔離個室へ、、、
ここまで約3週間で、先日まで普通に仕事していたとは思えません。
任意入院した理由も幻聴を消して健康になりたいからです。担当の先生も発言がいちいち否定的で
こんなんじゃ出せない。慢性だから治らない。
閉鎖に入れて一回リセットかけましょう。
うちの家族はものではありません。。
薬も何種類にも増えて不安で仕方ありません。いま考えているのはセカンドオピニオンで他の病院の先生にも見てもらおうと考えております。正直私も正確な判断が出来かねるのでアドバイスいただけたら幸いです。

【情報リクエスト】

こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

➀任意入院ならば、ご本人の意思で退院できます。途中で入院形態が変更されたのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

ちなみに、「セカンドオピニオンと医師を変えることを同義に考えていらっしゃる方も多いですが、そうではありません」。「患者さんにとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するために別の医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです」。

http://www.2og.jp/kiso.html より引用
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「そもそもセカンドオピニオンとは、主治医が示した一つのオピニオンについて、別の視点から意見を聞くことで す。情報が増えることで、選択肢が増えたり、その選択肢を判断するための材料が集まります。その上で、患者さんが考える納得のいく治療に近い治療法は何か を検討します。 セカンドオピニオンを主治医にフィードバックすることで、ファーストオピニオンを出した主治医がセカンドオピニオンのメリットとデメリットを述べてくれま す」

http://www.2og.jp/qa.html#qa3 より引用

任意入院なのであれば、そもそもの処遇(閉鎖病棟への入院)が違法行為です。

http://精神.biz/任意入院の行動制限/

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_01_06mental.html

※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20219;意入院です。途中の変更等もないです。本人家族含めて退院や外泊で少し様子を見たいと話しはしましたが、やめた方がいい。出せないとの返事を先生からいただいております。
こちらも先生を信じたい気持ちはありますのでとりあえず言われた通りに従ってます。
ただ、疑心暗鬼?なのでセカンドオピニオンを利用して現在の治療に問題はないか確認をしたいという状態です。
いますぐに転院させたいわけではないです。特に問題ないのであればいまの先生と波風立てたくないので。、
質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;返事ありがとうございます。
いま教えていただいたサイトを見ていましたが、任意入院で行動の制限がよろしくないのは知りませんでした。
ただ、本人が同意の上では入院してます。
隔離室にもこのまま病院にいたら死んじゃうという本人の申し出により入ってます。
いまはもう家族の面会も電話も含めて全て禁止されています。
先生のお話では1週間くらい隔離して頭を落ち着けて、真っ白にしないといけないとのお話でした。

おはようございます。

ご返信ありがとうございます。

ただ……。正直、少々困惑しております。

ご本人が希望して隔離されているのであれば(そして書類上の手続きが適正に行われていれば)、隔離自体には問題はありません。

法律的に諸々の遺漏はありますが(恐らく、運営に対する考え方が古い、昔ながらの「精神病院」なのではないかと推察します)、純然たる医学的見地からは、いま患者様を動かして、セカンドオピニオンのために他院にお連れするというのも無理があるように思われます。

また、「疑心暗鬼?なのでセカンドオピニオンを利用して現在の治療に問題はないか確認をしたいという状態です。いますぐに転院させたいわけではないです。特に問題ないのであればいまの先生と波風立てたくないので」ということですが、現在の病院に入院したまま、現主治医には内緒で、外出の形で他院を受診させたいというご意向なのだと思いますが、保険診療上の、また法的な決まりがあり、それはできません。

「いまの先生と波風立てたくない」というのも無理があると思います。多かれ少なかれ、現在の治療にご不安・ご不満があって行動を起こそうとされているわけですから。

②ここまでのやりとりから、もう少し具体的に質問を定めていただけないでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;返事ありがとうございます。現在は隔離個室で1週間下界と完全隔離をしてあたまを冷やすとのことなので、とりあえず1週間は様子を見たいと思います。それでも悪化、または改善が無いようならセカンドオピニオンを受診したいことをいまの先生に話して、診断書などをとり所定の流れで手続きをしたいと思います。先生の治療の観点から見てセカンドオピニオンはやめた方がいいとか問題ないなどの見解はありますか?また、病院があわなくて体調が悪くなってる気がするのですがそれは気にしなくて大丈夫ですか?質問は以上の二点です。
よろしくお願いします。

ご返信ありがとうございます。

率直に申し上げて、日本の精神医療のレベルは高くはないですから、セカンドオピニオンを受けることは重要だと考えます。

よってそれには賛成です。

ただ、前述しましたように、入院中に他院は受診できませんから、いちど退院という形をとらなければなりませんし、現主治医にセカンドオピニオンのための紹介状を作成してもらう必要があります。

これは、相談者様が懸念される「波風」になるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問