JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14447
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

唸り声を上げたり、うめき声をあげたり、パニックの頓服であるレキソタンが効きません。外ではうめいたりは抑えることが出来るの

ユーザー評価:

唸り声を上げたり、うめき声をあげたり、パニックの頓服であるレキソタンが効きません。外ではうめいたりは抑えることが出来るのですが、今の主治医には病的なものでなく自分でコントロールできない不安だと言われました。はたしてその通りなのでしょうか。

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、音声チックの可能性を考えます。

http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f90/tic01.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

➀パニック障害をお持ちなのでしょうか。「唸り声を上げたり、うめき声をあげたり」以外に、動悸や息苦しさのようなパニック発作があるのですか?

② 「唸り声を上げたり、うめき声をあげたり」する症状はいつ頃からありましたか? また、幼少時、体の動きのチックはなかったでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
9312;パニック発作を持っています。その症状は漠然とした不安でレキソタンで治まります。身体症状はありません。②唸り声や呻き声の症状が出始めたのはここ2週間くらいです。最初はパニックのこわいこわいと言う叫びと泣き喚く症状だったのですが、徐々にパニックの怖さはなくなり、呻くのと喚くのとになりました。その症状にはレキソタンは効きません。
幼少期はチックはありませんでした。上記のURLを見るとチックであるような気がしてきます。動物のように吠えるとでも言いましょうか。今の主治医の不安がコントロールできていないだけという診断に不信感があり相談に至りました。

ご返信ありがとうございます。

そうですか……。少なくとも「呻くのと喚くの」は、パニック発作の症状ではないのだと思います。「不安がコントロールできていないだけという診断」は、私も、古典的な精神分析に偏り過ぎ、もしくは哲学的にすぎるかな、と思います(つまり科学的ではありません)。

一方で、成人発症の音声チックというのは、珍しい症状であることも確かです。

③チックの特徴の1つとして、「短時間ならコントロールできる」ことが挙げられます。短い時間なら我慢できるという意味です。相談者様の場合、「呻いたり喚いたりしたくなる衝動が起こる⇒呻いたり喚いたりすると少しすっきりする」という構造はあるでしょうか? また、衝動に逆らって短時間でも呻くのと喚くのを我慢できるでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12392;ても不安で丁寧な対応に助かっています。③喚いたり唸ったりの後は少しすっきりして時間と共に治まる気がします。外出時や人と話している時は我慢できます。去年の年末に躁状態で入院し長い間リスペリドンを飲んでいました。リスペリドンの副作用にチックの症状などはありませんか?
今日で離脱症状の為に飲んでいた0.3mgのリスパダールの処方が終わりました。私のチック症の場合は一時的なものなのでしょうか?

ご返信ありがとうございます。

多分それです。

成人発症のチックは、前述の通り珍しいですから、③でチックとしての構造が確認できたら今度は服薬歴について伺うつもりでした。

リスペリドンを含む抗精神病薬は、副作用として「遅発性の不随意運動」を起こすことが知られています。

といっても、それほど広くは知られていません(なので私はそれを経験した患者様に関して論文を書いたことがあります)。相談者様の主治医は、遅発性チックという副作用をご存じないかもしれません。

かろうじて、以下のサイトで紹介されている遅発性トゥレット症候群に近いものであるとは言えます。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~gosinhenokeisyou/yougo.html

おそらくは、昨年の服薬でチックが起こりやすい素地が出来ていて(脳の、大脳基底核という部分の変化です)、そこに不安症状が重なったことでチックが発症したのだと思われます。

服用されていたリスペリドンの用量が低いですし、既に服薬を止めていますから、一過性のチックで済む可能性もあります。

ただ、遅発性の不随意運動は発症すると難治化する場合も少なくありませんので、上記サイトに示されているような、「チック用の薬物療法」が必要になる可能性もあります。

少し、経過を観察されるのがよいかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。先生が論文を書いた人で良かったです(泣)追記しますと入院中は定期と頓服で多いと7mgのリスペリドンを飲んでいました。ジスキネジアも出ましたし、説明もなく本当に不安な日々を過ごしました。様子を見て治まらなければ遅発性不随意運動に理解のある医師を探そうと思います。
有難うございました。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問