JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rurudoに今すぐ質問する
rurudo
rurudo, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 201
経験:  学歴は2002年医大卒業。医師国家試験合格。その後、大学病院勤務を経て、現在は、精神科で特に精神療法、カウンセリングメインにしている。留学経験もあり、もともとは児童思春期が専門だったため、子供の電話相談も行った経験があります。
94585269
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
rurudoがオンラインで質問受付中

先生、お初にメール出せていただきます。私は、通訳案内士をしているもので、蒲 俊介(かば

ユーザー評価:

先生、お初にメール出せていただきます。私は、通訳案内士をしているもので、蒲 俊介(かば としゆき)と申します。実は、昨年末に私のお客様のフランス人ご夫妻を東京見物に3日ほどお連れした際に、お子様(16歳の男の子)が自閉症だと言われ、奥様が自閉症の子供をサポートする団体をフランスに立ち上げたいとおっしゃっていました。その時に聞かれたのですが、日本では、自閉症の子供は、ほかの先進諸国も比べて、人数的に多いのか?施設などは充実しているのか?医療は進んでいるのか?など聞かれましたが、全く知識がなくお答えができませんでした。それで専門であられる先生から見解と情報をいただければ、遅まきではありますですが、奥様に伝えることができると思い、メールさせていただきました。このような質問が可能なのか、しばらく躊躇しましたが、事情ご賢察いただきまして、ご教授賜れば幸いです。

こんばんは。蒲さん、宜しくお願いします。精神科のルルドです。児童思春期を専門にしています。さて、フランスの方で、そういった志しがある方がいらっしゃるのですね。素晴らしい方ですね。日本でも、その方同様に、サポートしたい方はいらっしゃるのですが、なかなか現実的に難しいようです。経済的な理由もあります。

やはり、そういった子達を支援すること自体、地方自治体により、異なり、手厚くサポートしてくれる公的機関があれば、そうでない地域があります。ですから、わざわざ、車で学校に送り迎えしている親がいらっしゃるのが、日本の現状です。

また、最近、マスコミの報道の在り方もあってか、まるで、自閉症など発達障がいを持つ子どもが増えているような伝わり方をしていますが、現実は、昔も今も、数は変わらないです。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生、ありがとうございます。それで、日本では、このような自閉症の人の人数というのはどのくらいおられるのでしょうか?自治体によって扱いが違うということですが、どんな医療の補助を受けることが可能なのでしょうか(重度によっても違うでしょうか)?欧米に比べて、先進的なのでしょうか?子供の頃からケアしてもらえる施設とか充実しているのでしょうか?

ご返信ありがとうございます。数は変わらないです。ケアは、自治体により、支援が必要な子どもに、支援者がつき、学級を、そういった子達のみで、また、子どもにより、そういった学級と、普通学級の掛けもち、する子どもがいます。これも、地域により、異なります。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12354;りがとうございます。奥様は日本、東洋は今回初めての旅行で、自分が育ったフランスとの違いを大きく意識されたようでした。それで、フランスに対して日本はどうなのか?と言う問いかけが強いかと思います。私が無知なのですが、定量的なデータとして、日本で自閉症の方がおおよそどのくらいの数がおられて、地域によって差があるとしても、どのような公的な医療補助、ケアを受けるのか、具体的な事例をお伺いできますか?日本独自、先進的な取り組みはどのようなことがあるのか、具体的な事例を教えていただけると参考になるのではないかと思います。できましたら、歴史的な経緯(戦後、戦前、いつくらいから?)もご教授いただけると幸いです。

そうなのですね。ただ、私も、戦前などは、まだ生まれておらず、発達障がいを専門にしていらっしゃる第一人者の先生が、60歳くらいです。具体的な事例は、地域により異なりますが、公的機関の取り組みが進んでいる地域では、学級の掛けもちが、可能である、ということです。療育担当の先生がいる、ということですね。

今でこうなので、まだまだ、こういったことが、充分ではないでない、ということですね。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12424;ろしくお願いします。できましたら先生の個人的見解で結構ですので、日本の自閉症の児童やの現状や医療現場など、所見を述べて頂ければ、現場の声として、参考になるかと思いますので、あわせて頂ければ幸いです。引き続きよろしくお願いします。

早々に、ご返信ありがとうございます。私の個人的な見解についてですね、このことを、私も、お伝えしたく、どうしたものかと、考えあぐねておりました。と、申しますのも、文面のみですと、やはり、誤解が生じる危惧がありまして、もし、可能ですと、電話にて、お話させていただくことは、可能でしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生、返信が遅くなり、申し訳ありません。電話で会話したいところなのですが、料金がかなり高いものになってしまうので、できれば、差し支えのない範囲でメールで回答いただけないでしょうか?不明な点があれば確認させていただきますので。よろしくご高配ください。

了解いたしました。それでは、遡り、回答して宜しいでしょうか?その方が、フランスと日本の比較になりますので。そもそも、精神科病院の入院に関して、このあたり、誤解があると、困るため、電話をかけて頂きたい理由の一つだったのですが、、、入院させること、つまり、精神的な病、これに自閉症の方もいらっしゃったと推測されますが、以前は、閉じ込めていた。入院させることにしていた、のですが、フランスが先駆けになり、やめよう、入院させること。に、なりました。

そのため、最近になって、日本でも、同様に、入院させることより、退院させること、世界的にみても、入院者数の多い我が国の精神科医療を改善させることに力を注ぎ始めました。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12394;るほど。そういたしますと、以前は入院、隔離するやり方が、今は、社会全体が、受け入れて、社会にアダプトさせることを、自治体や民間団体も協力して、進めている、と言うことでしょうか?それも成長の初期段階から?

そうですね。閉じ込めて、というより、解放して、という形ですね。

質問者: 返答済み 2 年 前.
12381;れでお願いなのですが、具体的な地域、自治体の取り組みの事例とか、先生が関与されていることでも結構なのですが、もう少し具体的な話を伝えてあげたいのですが、先生の個人的な所見交えてご紹介願えれば大変助かります。

例えば、支援が必要な子には、越境入学を認めるなどですね。これは、定型発達の子では、非常に厳しく、また、周囲の人間も、なぜだか、理由があって、例えば、母親が病気で祖父母の家から通う越境でも、なぜだか通報する人間がいるのですが、自閉症など支援が必要な場合は、それを、もう、認めてしまい、自治体自体が、越境入学させることがあります。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生、越境入学とありますが、自閉症など障害のある子のために、特別な学校、あるいは学級が自治体の支援で設けられている、と解釈してよろしいですか?その辺をもう少し詳しく教えていただけないでしょうか?

そうですね。支援する人間がいる学級がある学校に越境入学させることですね。公立の学校ですね。

質問者: 返答済み 2 年 前.
25903;援する人間がいる学級がある学校というのは、かなり少ないのでしょうか?どの県?どの市?どの地域にあるのでしょうか?日本は先進国では、遅れているんでしょうか?

私は、医療者ですので、学校につきましては、教育の専門家に相談して頂きますと、幸いです。細かい都道府県の市のことなどは、診断までが、私の仕事で、あとは、福祉に担当者が手配いたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生 大変失礼いたしました。それでは医療者としての先生に、現状の自閉症等の障害者医療についての課題、今後のあるべき方向性について、専門医としての 考え 、見解をお伺いできないでしょうか?

そうですね。そもそも、最近、マスコミの報道によるものか、まるで、自閉症など発達障がいを持つ方が増えているような報道をされている印象がありますが、数に変わりはありません。ですので、こういった報道のあり方を考えて頂きたいのと、越境入学させることをしないで済むような環境になればいいかと思っています。まずは、支援者が増えていくことですね。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生、返信遅くなり、申し訳ございません。メールで何回か、やり取りさせて頂いていて、どうも私の質問は、現状の自閉症患者の数とか、先進諸国の中で日本のケアはどのレベルにあるのか、どういうケアが日本でなされているのか、というような全体像であり、定量的数字であったりしたかもしれません。それを理解しないで、先生の所見を拝聴しても私自信の基礎知識がないため、理解ができないと認識しました。冒頭に記述した内容に回答していただける可能性があるなら、そちらに回していただければ幸いです。

そうなのですね。全体像としては、日本での発症率も、フランスも変わりはないです。先進国に比べて、アメリカは、独自の支援システムを作ることが得意な国ですから、有名人で、自閉症に限らず、発達障がいをカミングアウトしていらっしゃる方が多いですね。また、アメリカのドラマでも、普通に、こういった生徒を登場させますので、アメリカは、支援システムが進んでいます。しかしながら、日本は、そこまで、いっていないですね。まだ、過渡期です。

ですから、ケアも、日本では、親の負担が大きいかと思っています。幼稚園や小学校の手配を、自分で、しないといけません。越境することができる学校があるか否か?も、自分で調べて、あれば、越境することができるか、学校のある地域に相談しないといけません。送迎は、もちろん、親がします。

また、こといった学校にいる支援者がは、臨床心理士やこういった分野を勉強した専門の人間が担当します。しかしながら、こういった専門の人も、まだ少ないですね。臨床心理士でも、こういった専門の分野を勉強した臨床心理士を必要としているため、数に限りがあります。

質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生どうもありがとうございました。大分理解蛾進みました。発送率は、人口の0.1%くらいと何かで見た気がしますが あっていますでしょうか?

そうですね。数より、率で換算いたします。児童思春期は、精神科医の中でも、私が学生時代、一県に1人、児童思春期の専門医がいる状況でした。現在でも、発達障がいではないかと、心配なさっていらっしゃる方が多いため、児童思春期の専門医が増えたとはいえ、そんなに人気のある分野でないため、初診は半年まちです。ですので、また、こちらにて、わからないことができた際には、ご質問頂きますと、スムーズかと思います。ドクタールルド、ルルドは、フランスのルルドですね。

rurudoをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
20808;生、数日にわたり、丁寧にご対応いただき、ありがとうございました。お陰さまで私の理解も大分進みましたので、先生のお話を中心に、組み立てて、お客様へフィードバックしてみます。大変ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。フランスは、私が大好きな国です。フランス語を必修で、中学生から習っていました。お身体ご自愛下さいませ。ドクタールルド

質問者: 返答済み 2 年 前.
12354;りがとうございました。

また何でも、ご質問頂きますと、幸いです。ドクタールルド

精神科 についての関連する質問