JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14610
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在3年程お付き合いしている彼のことでご相談させて頂きます。 付き合い初めてから間もなく、突拍子もない言動をとった

ユーザー評価:

現在3年程お付き合いしている彼のことでご相談させて頂きます。
付き合い初めてから間もなく、突拍子もない言動をとったり、個性という枠では収まらない、極端な物事の考え方をしたりすることが多く、「なぜなんだろう?」「一体どうしたら、こうなってしまうんだろう?」と毎日のように疑問に感じるようになりました。
数秒前の話が食い違っていたり、つじつまが合わなかったり、つく必要のない嘘をついたり、話し合いをしても最終的には私に原因があるようになってしまったりということが多く、メールのやりとりや会った後、私は度々頭が混乱することがありました。自分自身も神経症を患い、心療内科を受診したところ、お相手の方が境界性パーソナリティ障害ではないかと医師に言われました。
私を傷つけるような発言も多く、私自身も精神的に疲れ果てているものの、出来れば彼に治って欲しいと思い、このことについて話したところ、病識もないので私のほうが精神病ではないのかと罵られました。
ちなみに彼は私以外の人には気配りも出来、周囲からの評価は非常に高く、この混乱したやり取りは二者関係のみで露呈されるため、私は孤立した気持ちになります。
ここでご相談なのは、①彼(40代)に再度告知をしてカウンセリングや病院を受診させて改善や完治はするものなのかどうか、②境界性パーソナリティ障害に精通している病院があれば教えて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

> ①彼(40代)に再度告知をしてカウンセリングや病院を受診させて改善や完治はするものなのかどうか
⇒境界性パーソナリティ障害は、「障害」という名前こそ付いていますが、狭義の精神疾患ではありません。「極端な性格の偏り」程度の意味です。
性格は変えられませんので、その意味では境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は治りません。
よって、人格障害の治療ゴールは人格を変えることではなく、その人格のまま、社会適応できることを目指します。衝動性のコントロールや感情の調整力を強化することがその手段となります。
それにはご本人の治療意欲が必要になりますが、彼氏様はご自分に問題があると認識していて、それを治すための努力をされる意欲があるでしょうか?

> ②境界性パーソナリティ障害に精通している病院があれば教えて下さい。
⇒病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の 病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただ、境界性パーソナリティ障害に精通している治療機関は数えるほどですので、具体的な名前をお示しすることは可能かもしれません。
ただし、関東圏にお住まいでなければ難しいと思います。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】









質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧に解りやすくご回答頂きまして、有難うございます。

私は東京に在住しています。心療内科は医師との相性もあることは存じておりますが、パーソナリティ障害について得意分野でないので受診を断られることもあり困っていましたが、インターネットですので、お答え出来ないことは承知致しました。

彼には病識がなく、また治す意欲もありません。パーソナリティ障害の話をした時には激高したので、絶望的ですね。

私が振り回されすぎた結果、自分自身の体調も崩しているので、私のカウンセリングを担当している医師からは「結婚しても精神的なDVは治らないので、距離を置いた方がいい。」とアドバイスされました。

自分の苦しさに病名があると知り、必死で本を読んだり、カウンセリングやワークに参加する努力もして参りました。パーソナリティ障害という性格の偏りも含め、彼を理解し、支えていきたいという気持ちでおりましたが、本人に治したいという意志がないと難しいということですね。

ありのままの彼の主体性を尊重してあげることが、彼にとって一番の幸せということでしょうか。何度も質問して申し訳ありませんが、アドバイス頂ければと存じます。

> ありのままの彼の主体性を尊重してあげることが、彼にとって一番の幸せということでしょうか。何度も質問して申し訳ありませんが、アドバイス頂ければと存じます。
⇒人格障害者との最善の付き合い方は付き合わないことです。
この彼と別れるという選択肢もあると思いますが、それは考えられていないのでしょうか。
「共依存」という言葉は……おそらくご存じですよね?
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご連絡有難うございます。

はい、共依存という言葉は本で読み、知りました。

そして正しい自分の判断や本来持ち合わせている自尊心、価値観を失くしかけていることも実感しています。

彼には別れる言葉を出すと、激高してきたり、甘えてきたり、の繰り返しをしてきた3年間でした。しかし今回、私がひどく体調を崩し、入院をして様々な検査をした結果、それが自律神経のバランスを崩したことであること解り、このままでは彼に愛情を持って理解し支えるどころか、自分自身が人間として機能しなくなってしまうのではないかと考えるようになり、最後のSOSとしてこちらにご相談させて頂きました。

先生に頂いたアドバイス通り、パーソナリティ障害が性格の偏りであり、本人に病識がなく、治療に前向きではないのであれば、別れを考えます。丸1日一緒にいると、常に行動していないと落ち着かないのか、非常に心身ともに疲れるのです。

ご返信ありがとうございます。
決断を下されるべきは相談者様ご自身です。
今回得た情報をもとに熟考されて結論を出されることをお勧めいたします。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問