JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14425
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは。はじめまして、夜分に失礼致します。 私は22歳で職場のストレスなどが重なり、初めて心療内科を受診し、 25歳に結婚

ユーザー評価:

こんばんは。はじめまして、夜分に失礼致します。

私は22歳で職場のストレスなどが重なり、初めて心療内科を受診し、
25歳に結婚 現在に至っております。

現在は30代後半。
子供はひとりおりますが、軽度の自閉症です。

現在は単科の精神科に毎週通院しながら、
親子外来にも通ってます。

年に数回、休息目的の短期入院を繰り返しながら、
何とか子育てをしてますが、
多忙な主人、洗濯しか出来ない状態のわたし…
ここ数日は 全く気力がなく外出が出来ませんし、
食事の仕度もできません。

最近、持続性気分障害と医師に言われました。

ずっと、鬱状態、うつ病でした。

イマイチ、持続性気分障害について分かりません。
うつより軽いのでしょうか?

とても辛く軽くなってる様に思えず。
よろしくお願い致します。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

これは診断における用語の使い方の問題ですね。

精神科の診断は、過去、学派ごとに基準が異なり、例えば、A大学病院で「うつ病」と診断された患者様が、B病院では「統合失調症」と診断されるようなことが日常的にありました。
精神疾患には血液検査や画像検査のような客観的な診断指標が無く、医師の主観で診断が付きやすいためですが、これでは有用な治療方法の研究などができませんから、近年になって国際的に統一された診断基準が作られました。
アメリカ精神医学会が作成したDSM-と、WHO(世界保健機構)が作成したICD-10です。
世界的にはDSMの方が広く用いられていますが、日本の保険請求事務などではICDに基づく診断名が用いられます。

持続性気分障害は、このICDにおける診断名です。

「F34 持続性気分障害」と記号(コード)が付けられ、その下位分類として、以下の4つの疾患があります。

F34.0 気分循環症
F34.1 気分変調症
F34.8 他の持続性気分(感情)障害
F34.9 持続性気分(感情)障害,特定不能のもの

F34.8とF34.9は「その他」扱いなので説明は省きます。
「F34.0 気分循環症」と「F34.1 気分変調症」について説明しますと、簡単に申し上げれば、前者は慢性化した躁うつ病、後者は同じく慢性化したうつ病、というくらいの意味です。

相談者様は気分変調症に当たると見做されているのだと思います。
気分変調症の診断基準は「きわめて長期にわたる気分の抑うつで、気分のよい時期があっても数日~数週間以上とは続かない。通常、若年成人期にはじまり、少なくとも数年、ときには無期限に持続する。しかし、日常生活上の必要な事柄には対処できる」というものです。

うつ病から気分変調症に診断が変わったからといって治療方法が変わるわけではありませんし、良くなったという意味でもありませんが、相談者様は「日常生活上の必要な事柄には対処できる」という記載には当てはまらないように思われます。
診断としてはうつ病のままでよいのではないかと思いますが。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございました。

先に申し上げれば良かったのでしが、
最近、自殺未遂をしてます。

明日は主治医の外来日ではありませんが、
限界で…
解離性障害もありふっと行動してしまう事が。
外来日に問い合わせて受診の有無を確認してもご迷惑ではありませんでしょうか?

よろしくお願いします。
ご返信ありがとうございます。

相談者様の主治医のひととなりを存じませんのでどのような反応が返ってくるかはわかりかねますが、一般論として申し上げれば、医療者として速やかに対応すべき状態に、相談者様はあると思います。

夜が明けて、病院の診療時間になったら、受診の可否を確認されるべきだと考えます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問