ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 34320
経験:  精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本精神神経学会認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、産業医、臨床研修指導医
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

右膝の裏側が腫れていて朝、起きたばかりの時は足を付くと痛みが有り、真っすぐ歩けずにいますが、1~2時間もすると痛みは取れ

ユーザー評価:

右膝の裏側が腫れていて朝、起きたばかりの時は足を付くと痛みが有り、真っすぐ歩けずにいますが、1~2時間もすると痛みは取れないが、真っすぐに歩ける様にはなります。
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 来月で71歳、高血圧症でアムロジンを飲んでいます、追加のの質問は足の血管が浮き出ていてそれも心配です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: あとは無いでです、

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

1~2時間もすると痛みは取れないが、真っすぐに歩ける様にはなります。」

→ どのような対応をとったらよいか、という質問ですね。靭帯や血管について整形外科で確認を要すると思います。

血管のふくれがあれば静脈瘤の可能性もあります。

もし、歩行時にふくらはぎなどの筋肉が痛み、歩きつづけることができない状態では間欠性跛行が考えられます。これは、一定の距離を歩くと、ふくらはぎなどにうずくような痛みやしびれ・疲労感があって歩行が次第に困難になり、しばらく休息すると治まるものの、また歩き続けると再び痛みだすという症状を示すものです。

間欠性跛行の原因には神経性と血管性の2種類の状態が考えられます。前者は加齢などにより背骨が変形し背骨の神経が圧迫され痛みが生じる腰部脊柱管狭窄症です。この場合、前かがみで少し休むと症状が軽くなるのが特徴です。
後者は閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)という病気によるもので、脚の血管に動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなります。通常歩くときには、脚の筋肉に安静時の10~20倍の血液を必要としますが、血流が悪いと筋肉に血液と酸素が十分にいきわたらず、筋肉が酸素不足をきたすことで脚に痛みが生じます。

ご不明、心配の点について質問を記載ください。

質問者: 返答済み 11 日 前.
38765;帯が損傷しているのか血管の問題なのかが私自身は判断出来かねますので最初はどちらの診療を受けた方がよろしいのでしょうか?
靭帯、血管もふくめて整形外科で確認いただけます。

整形外科を受診するのがよいでしょう。

他に不明の点はないでしょうか?

終了の際には、もし、お時間があれば評価入力をお願いいたします。 画面の「評価」から星印の数の選択になります。 並んでいる星印の右側から選択をお願いいたします。評価を入力いただいても追加料金は発生しません。 追加質問があればご記載をお願いいたします。

他に不明の点はないでしょうか?
終了の際には、もし、お時間があれば評価入力をお願いいたします。
画面の「評価」から星印の数の選択になります。

並んでいる星印の右側から選択をお願いいたします。評価を入力いただいても追加料金は発生しません。

追加質問があればご記載をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問