ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 15495
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

こんにちは。長女(24歳)のことでご相談がございます。 アシスタント:

ユーザー評価:

こんにちは。長女(24歳)のことでご相談がございます。
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 女性(24歳)  診療内科にて安定剤を頂いていると思います。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 半年前より、仕事は通常に行けますが、急に感情の起伏が激しくなり、病院への同行も困難な状況です。何とか改善可能な方向にできないかと夫婦で検討していますが、本人は周囲を気にして受診したがらない状況です。

1 現在の診断名を教えてください

2 内服の薬内容は分かりますか

3 受診を始めたのが半年前くらいからでしょうか

ご心配されている事と思います。

24歳の女性であれば、診察室に良心が入っている状態で主治医に自分の状況を話すというのはかなり抵抗感があると思います。

もし両親が入れば素直な気持ちは話せなくなるでしょう。

付いて行くなら送迎だけにした方がいいでしょう。

受診を中断してしまっている場合は、地元の精神保健福祉センターに状況を電話相談されてはどうでしょうか。

そこからかかりつけに連絡を取ってもらう事も出来ると思います。

通院に抵抗感がある場合は、初診だけ対面診察を受ければ後はオンラインで診察してもらえるようなところを選んでもいいと思います。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;返信を頂きましてありがとうございます。家族での経験値がないもので、ご指導をいただけたことで気持ちが少し楽になりました。
また、精神保健福祉センターへも連絡をしておりますが、中々つながらず再度連絡をしている状況です。
地域で女性の先生がいらっしゃると助かるかとも思っております。

女性医師の在籍している医療機関については精神保健福祉センターにきけば地元の病院の情報は持っていると思いますよ。

ただし、女性がいいというはあなた方の希望であって本人は別に気にしていないとか寧ろ男性の方がいいとかもあるかもしれないので、あくまで本人の希望を優先ください。

dr-yamamotoをはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問