ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 21348
経験:  精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本精神神経学会認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、産業医、臨床研修指導医
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

頭痛、めまい、多少の脱力感があります

ユーザー評価:

頭痛、めまい、多少の脱力感があります

ご相談ありがとうございます。

めまいが回転性のものであれば内耳の不調によるメニエール病が考えられ、頭の位置を変えることでめまい(ぐらぐら)の性状が変化するようであれば良性発作性頭位めまい症の可能性があります。

メニエール病ではめまい止めの注射・点滴に加え、めまい止め薬の服薬が有効とされています。良性発作性頭位めまい症は内耳の中のカルシウムの塊である耳石が剥がれることが原因になります。

メニエール病の治療は、アメリカ耳鼻咽喉科学会の1995年基準アップデートによる確定診断によれば、前庭性片頭痛を十分に除外できない場合、蝸牛症状と前庭症状の相互作用を強調したメソッドやゲンタマイシンなどの鼓膜内薬剤や人口内耳まで、多くの解決法が提案され、他には併用療法(ベタヒスチン+チアジド系利尿剤)やカフェイン制限とあわせる鼓膜内コルチコステロイドなどがあります。

上記状態のいずれも救急外来もしくは耳鼻科で対応が可能と思います。

手足の麻痺があれば、脳梗塞の可能性もありますが、そのような症状はないでしょうか?

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
40635;痺などの症状はありません

麻痺がなければ、上述のメニエール病もしくは発作性頭位めまい症の可能性があります。

めまいどめの注射で短時間で改善する可能性もあります。

医療 についての関連する質問