ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 12609
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

感受性が強く感動した後喪失感があります。また他人と自分に傷つきやすくや悩んでます アシスタント:

質問者の質問

感受性が強く感動した後喪失感があります。また他人と自分に傷つきやすくや悩んでます
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 33歳男
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ない
投稿: 11 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 11 日 前.

既に知っており回答不要な事柄と、質問文に未記載の回答を得たい事柄があれば教えて頂けますか?システムにより電話提案が自動表示されますが、電話を希望されない場合はこのままメッセージで進めてください。
(急患などでタイミングによっては返信をお待たせする場合もありますが必ず回答します)

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りません
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 10 日 前.

1 いつからの症状ですか

その症状についてお聞きになりたいことを教えてください。

ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?当サイトは具体的に質問事項を記載頂き、それに回答するサイトとなっております。
状況を記載頂いたのみで回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。
質問者様が回答して欲しいと思っている事にピンポイントで過不足なく回答するために、回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋は規約で禁止されているので行えません。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 10 日 前.

近年の若い方は傷つきやすく、そして傷付く事を過度に恐れる方が多くいらっしゃいます。

昔は生きるために毎日必死でなければ生きていかれなかったので、傷つくとか細かい事を気にする余裕がなかったのと、毎日生きるための試練がありストレス耐性が鍛えられていたのですが、今の時代、衣食住が楽になった半面、ストレス耐性が低く傷つくく事を過度に恐れる方が増えております。

そういった方は、他人からどう見られるかをとても気にしており、評価軸が自分ではなく他人です。

そして、失敗を過度に恐れます。

自分に自信がない一方で、自尊心も高く、自尊心が気づ付けられることを嫌います。

改善方法としては、失敗を恐れない事です。

失敗しない人間はいません。

大事なのは失敗から学ぶことができるかどうかです。

失敗をして、そこからなぜ失敗したのかを分析して次に生かす事が大事です。

失敗を恐れて何もできない人より、何度失敗しても諦めずそこから学び次に生かして何度でも挑戦する人の方が素敵です。

失敗を恐れないでください。

傷つく事も恐れないでください。

生きていれば毎日傷付く事ばかりです。それが普通です。

傷つくのを恐れて部屋で引きこもって一人でいたとしても傷つく事は避けられません。

傷つくのは特別な事ではないのです。

自分だけが傷ついているのではなく皆が毎日何度も傷ついています。

傷ついても傷ついても立ち上がればいいのです。

全ての人に好かれる人間は存在しません。

すいてくれる人もいれば嫌ってくる人もいます。

それが普通です。

嫌な態度をとられても、まあこういう人もいる、と受け流すのも処世術です。

傷つく事、失敗することは特別な事ではなく、毎日起こって当たり前で皆におこっている事、と認識してください。

他者からどう評価されたかではなく、自分が頑張ったかどうかで判断すればいいです。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 5 日 前.

その後返信も評価もない状態で心配しておりますがいかがされましたでしょうか?

返信事項が特にない場合は星の数を選んでの評価を何卒お願いします。疑問点がある場合はその旨を返信欄に記載して追加の質問をされてください。

お大事にされてください。
本件質問の終了に際しては、お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。

必要な手続きになりますので評価をシステム上から必ずお願いします。
プラス評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
追加でお聞きになりたいことが出てきた場合は、質問文の冒頭に私の名前を書いて頂いて、「○○先生でお願いします」と書いて新しい質問を投稿して頂ければ私が対応させて頂けます。

ありがとうございました。お大事になさってください。

評価の付け方はjustanswerのページにログインしていただき、質問画面を開いていただくと、画面右上に評価を5段階の★で選択する部分があるはずです。そこで評価を星の数で選択して「評価する」をクリックしていただくことで確定ができます。
よろしくお願いいたします。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 5 日 前.

生きづらさについては、発達障害の可能性について一度検討されてもいいかもしれません。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 5 日 前.

受診先は成人発達外来を設置しているところがいいでしょう。

例えば下記のような専門外来です。

https://www.medcare-tora.com/clinic/adult.html

多くの都道府県では県のHPで発達障害の受診先を公開しています。

下記は東京都の例です。

http://www.tosca-net.com/iryou/

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 5 日 前.

HSPについては、精神疾患ではないため、精神科や心療内科を受診しても、そそら区満足のいく対応は得られないと思います。

臨床心理士のカウンセリングルームを利用される方が親身に対応して貰えると思います。

https://npo-jisedai.org/hsp.html?gclid=CjwKCAjwzaSLBhBJEiwAJSRokmXCuWuBO8BOL6nGqFCK62obAbNwRdsK7h0eZRKnXKRBNa4B-UCmORoCoPMQAvD_BwE

医療 についての関連する質問