ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 17777
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

私は鍼灸師マッサージ師です。 往療している患者様の件でご相談です。 72歳、女性

ユーザー評価:

私は鍼灸師マッサージ師です。
往療している患者様の件でご相談です。
72歳、女性
令和3年4月16日コンクリート道路上で転倒し左臀部打撲、以来疼痛により歩行不可となりました。当日はすぐに近所の整形外科医院を受診しましたが骨折は無しの診断、4月28日に再受診したが骨折は無しの診断でした。私は疼痛軽減のためご依頼があり4月26日から往療にて施術を開始いたしましたが2~3回の施術を行いましたが期待した症状変化は見られず主訴、症状所見から大腿骨もしくは骨盤骨折の疑いを想定して総合病院での検査を進言し5月14日にに総合病院受診し5月21日に異常なしの診断でしたので、その後リハビリテーションの為に老人保健施設に入所してしまいました。
7月14日に退所されて再度施術依頼があり17日に診たところ依然鼠径部、内転筋周囲の疼痛の訴えが依然有り、仰臥位で両下肢長差左側ー4~5cm、左股関節は外旋転位しており足先は60~70°外方を向いており、左下肢への体重荷重は不可能でした。唯一改善しておりましたのは下腿浮腫が軽減していたことでした。
このまま症状固定してしまうと生活動作に支障が出てしまう恐れはありそうです。受傷後約3ヶ月経ってしまいましたが、もしも大腿骨頸部又は大転子骨折であったならば今からでも手術は可能でしょうか?また症状の改善に見込みはありそうでしょうか?疼痛が一刻も早く除去できれば、以前の生活に戻れるのではないかと思っております。以前と違う総合病院への受診を促してみようかと思案しています。
ご回答宜しくお願い申し上げます。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「もしも大腿骨頸部又は大転子骨折であったならば今からでも手術は可能でしょうか?」

→ これら骨折があればかなり強い痛みが出現し、歩行などは困難と思います。

骨折なしの診断を受けているのであれば、おそらくレントゲンでもこれらの部分は確認されているでしょう。

他院で再度診察していただくことは確認になり良いと思います。

もし、骨折があれば、3ヶ月経過していても確認は可能であり、頸部骨折であれば骨折部位が骨に貫入してしまっている可能性もあります。この点は容易に確認可能と思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 日 前.
26377;り難うございました。他の病院受診を勧めてみます。

ご不明のことがありましたら、またご質問相談ください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。

次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
ありがとうございました。

マイナス評価とのこと、ご期待の回答が提示できず、誠に申し訳ありません。
ご不明の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 日 前.
20182;の病院で確認はできるのでしょう。知りたいのは3カ月たった今からでも手術は可能なのかどうかです。頸部骨折であれば骨折部位が骨に貫入してしまっていた場合には手術は困難なのですか。
私が心配しているのは予後です。このまま治癒してしまった場合と人工関節置換手術を受けられた場合を考えると、後者の方が患者様の今後の人生に利が多いと感じています。

「知りたいのは3カ月たった今からでも手術は可能なのかどうかです。頸部骨折であれば骨折部位が骨に貫入してしまっていた場合には手術は困難なのですか。」

→ 大腿骨頚部骨折が3ヶ月放置されていることは通常は考えらえず、整形外科の初診の時点で骨折が見逃されていることも起こりえないと思います。もし、3ヶ月放置されていたら、その3ヶ月間は歩行どころか足を動かすこともできないでしょう。激痛が続き、骨はめり込んでしまっています。数例、そのような方をみたことはありますが、受診をしていない方で、認知症が激しく、痛み自体を訴えることもできない方でした。

もし、3ヶ月放置されている状態であれば、骨の状態がよほど悪くなければ手術は可能と思います。そのような場合でも人工関節に置換されることになる可能性が高いと思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 日 前.
26126;確なご解答有り難うございました。患者様の3カ月間はまさにその通りだったと思います。転倒翌日からサ高住施設に入所できたので痛いながらも上げ膳据え膳でしたので生活には支障なかったのです。
私も信じがたい事でしたので相談に至った訳です。今日患者様の下肢長を測定してきました。
左右上前腸骨棘~内顆下端=右76㎝、左71㎝でした。参考まで。
有り難うございました。

医療 についての関連する質問