ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 17781
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

1年半前の40歳の時に軽い肺炎になったことがあります。

ユーザー評価:

1年半前の40歳の時に軽い肺炎になったことがあります。
肺炎というのは高齢者のイメージがあるのですがこの年齢でなることは珍しいですよね?
いまは禁煙して5年経ちますが17歳から37歳までの20年間1日30本喫煙していました。喫煙指数は600です。
また5月の人生ではじめての人間ドッグで両肺に小さなブラが見つかりました。肺は特に問題ないと言われました。
普通は肺にブラなんかないですよね?
私は肺が弱いのでしょうか?
将来肺がんになるリスクは高いでしょうか?
祖父が肺がんになっています。
また、320列CT肺ドックを年2回うけようと思うのですが被爆が怖いです。年1回にしておいた方がよいでしょうか?

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「この年齢でなることは珍しいですよね?」

→ 若い方でも感染などから肺炎になることはあります。ただし、喫煙歴がながく、このために炎症が慢性化しやすいなどのことは考えられます。

また、ブラは健常な方でもみられることがあります。この点とは別に、がん発症の確率については喫煙歴をお持ちであることから、喫煙していない方に比べれば高いと考えられます。CTでの検査は年1回でも十分でしょう。呼吸器の症状がでたときにも適宜診察をうけることで十分と思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12431;か先生、ご無沙汰しております。
祖父が肺がんでしたがこれは遺伝する可能性が高いですか?

お久しぶりです。体調いかがでしょうか?

おじいさまの疾患であれば、遺伝が影響する可能性はほとんどないと思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 日 前.
12381;うなんですね、ありがとうございました!

医療 についての関連する質問