ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 16698
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

質問といたします アシスタント:

ユーザー評価:

質問といたします
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 60歳、現在気管支拡張症は、薬は、症状がひどい場合にのみ、服用します。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ありません。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

「現在気管支拡張症は、薬は、症状がひどい場合にのみ、服用します。」

→ 気管支拡張症は、気道が損傷を受け、呼吸の管や気道の一部(気管支)が広がったまま元に戻らない状態です。主に感染症から発症すると考えられています。

特にどのような点についてご質問があるでしょうか?

ご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;んにちは、貴重なご意見お願いします。
1、上記の結核性胸膜炎発症は、現場作業どんな関連性2,3ヶ月以上の診断失敗期間の低酸素症、呼吸困難症持続的に、症状に後遺症に影響があるか。3,上記の胸水胸膜炎の原因は結核再発以外の、可能性があるか。申し訳ありませんが、表現内容が下手でも、先生の貴重なご意見お願いします。

1、上記の結核性胸膜炎発症は、現場作業どんな関連性
→ 結核性であれば原因は結核感染ですが、粉塵作業があれば病状に影響し、悪化の可能性があります。
2,3ヶ月以上の診断失敗期間の低酸素症、呼吸困難症持続的に、症状に後遺症に影響があるか。
→ 炎症があれば、診断にいたるまでの低酸素や呼吸苦が著しければ、病状悪化につながる可能性があるでしょう。例えば、炎症の瘢痕化などの後遺症は考えられます。これが重度であれば呼吸機能の低下が考えられます。
3,上記の胸水胸膜炎の原因は結核再発以外の、可能性があるか。

→ 記載の状態を考えると、結核の再発か、胸膜炎もしくは他の炎症が影響している可能性があります。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;んにちは、
お問い合わせ内容を、もっと正確に修正しました。
申し訳ありませんが、もう一度、意見お願いします.険しい山の上に、長期間重い材料(20〜40キロ)運搬作業中に呼吸困難(胸水)で倒れ、発症しました(11月1日発症)発症する前に、1ヶ月以上前から、呼吸するとき、肺の中で水の泡感がありました。発症後最初の病院では、肺炎の症状処方、2週間の治療したが、呼吸困難の症状悪化し、二次病院でも、精密検査で治療したが、緊急状態で症状悪化し、3ヶ月ほど、遅れ、胸水貯留の診断後、胸腔穿刺で胸水抜き出し、緊急状態免れてしました。初期診断の失敗で、病院は、現場の発症状況は、知らんでした。そして、20代の結核履歴があります。
PCR検査で胸水菌陰性、t-sp,tb陽性が出ました。翌年1月10日発生した日
結核胸膜炎発生診断塗抹菌培養検査の結果出る前に、結核性胸膜炎と診断し、薬物治療中、
最終塗抹培養検査では、
陰性判定でした。担当医師は死菌による可能性コメントしました(PCR陽性)治療中、気管支拡張症状と腫瘍2.5センチ発生するなど、副作用が、現れることもしました。最終的な陰性判定後も治療を継続し、現在、気管支拡張症です。1、上記の胸水発症と後、結核再発の、現場の劣悪な環境と、体力の限界、過負荷、免疫力の低下、過労などの労働との関連性、起因性の所見お願いします。2,3ヶ月以上の診断失敗期間の低酸素症、呼吸困難症持続的に、結核再発病と後遺症に影響があるか所見お願いいたします。3,国民のこの千万人は、結核履歴があります。結核履歴ある人はPCR検査でt-sp,tb陽性
反応です上記の診断で胸水菌陰性、塗抹菌培養検査も陰性です。
腫瘍、気管支拡張なども副作用が発生します。結核発生日は1月10日ですが、PCR死菌の陽性反応です結核ではない可能性かどうか?
そして、胸水発症の原因は
劣悪な環境、極端な現場作業と関連所見お願いいたします。申し訳ありませんが、表現内容が下手でも、先生の貴重なご意見お願いします。
質問者: 返答済み 13 日 前.
38263;期間の、劣悪な環境で、重い材料運搬作業の
仕事をしました。身体に過負荷、過労など、
山岳運搬作業で1,2次病院の所見は長期間、重い運搬に心臓あ圧迫過負荷による肺水腫と
結核性胸膜炎など、
意見がありますが、
第3の専門医の先生に、複数可能性のある所見も聞きたいです。最終的な、
塗抹菌培養検査で陰性。pcr胸水菌検査陰性。pcr陽性です(t-sp,tb).
(死菌による)
20代に結核履歴があります。

医療 についての関連する質問