ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 10897
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

10代〜摂食障害、オーバードーズ、クレプトマニア、アルコール依存、など2度の妊娠出産期間以外は抗うつ薬(主にSSRI)、

ユーザー評価:

10代〜摂食障害、オーバードーズ、クレプトマニア、アルコール依存、など2度の妊娠出産期間以外は抗うつ薬(主にSSRI)、抗不安薬などずーっと服用り
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: それが3年前からADHDのコンサータ。年末に退職したんですが、そこで双極の薬、リチウムとバルプロ酸の服薬が足されました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ADHと双極性の併発は多いとききますが、今は主治医は様子見の時期なのかもですが、併用は推奨されないのでは?とか、、どちらにせよこの数日、涙は出るし死にたくなるし、何もかもなげてしまいたくなるので辛い。躁か鬱か発達障害の衝動性なのか、自分になにをどうしてやればよいのかわからず。また、次男がADHD不登校で、夫も無自覚ではあるけどアスペルガーだと思います。どこにも甘えられない感じがもう疲れてしまい、どこに何を助けをこうのかも分からなってます。
質問者: 返答済み 8 日 前.
47歳女性てす

既に知っており回答不要な事柄と、本サイトで回答を得たい事柄を具体的に教えて頂けますでしょうか?なお、システム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいますが、電話相談を希望されない場合はこのままメッセージで進めてください。
(タイミングによっては返信をお待たせする場合もありますが必ず回答します)

お辛い事と思います

その症状についてお聞きになりたいことを教えてください。

ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?
状況を記載頂いたのみで回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。

回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋はトラブルの原因になるので行えません。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。服薬をはじめたはいいが、双極性障害の症状?だと感じる落ち着かなさ、泣けてくる、死にたい、が出るということには、今よりもリチウムやバルプロ酸を増やしてもらったらよいのでしようか。
あと、抗うつ薬(レクサプロ20を双極性のくすりとは推奨されてないですが
質問者: 返答済み 8 日 前.
34220;の飲み合わせ?としてコンサータ36×2バルプロ酸ナトリウム200リチウム200レクサプロ20は大丈夫なのか?
現在の優先治療法としては併発や過去の長年の服薬や依存症を考慮して気をつけることは?主治医にもただダルいとか過眠だとかしか

落ちつかなさは発達障害であるADHDの症状かもしれません

双極性障害の方に抗うつ薬を使用する際は躁転しないように注意が必要ですが、この病気の特徴として患者様本人は躁状態よりも鬱の辛さを強く訴えるのが実情ですので、鬱状態の時には注意しながら抗うつ薬を併用することは多くあります。

>現在の優先治療法としては併発や過去の長年の服薬や依存症を考慮して気をつけることは?主治医に

→安定剤や睡眠薬としてベンゾジアゼピンを使用しない事だと思います。簡単に依存を形成してしまう薬なので、過去に依存症の既往がある場合使用しない方がいいでしょう。

あとは、生活療法をすることも大事だと思います

出来れば午前中に日光を浴びながら運動をすること。ラジオ体操でも散歩でも、自宅で足踏み運動でもいいです。

日光は体内時計を整えます。また、運動をすることでせろとにんが分ピルされるので気分の落ち込みには有効です。

体力が落ちると怠い、怠いから動きたくないの悪循環になってしまうので、短時間でもいいので毎日運動するようにしましょう。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問