ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 10785
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

右脚、お尻のほっぺから外側を沿って、右脚の甲までに痺れがあります。とても痺れる時とそうでない時があります。

ユーザー評価:

右脚、お尻のほっぺから外側を沿って、右脚の甲までに痺れがあります。とても痺れる時とそうでない時があります。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 53歳、女性、イフェクサーSRカプセル37.5mgを服用しています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 昨年から気になり始め、一時は痛みがかなりあったので整形外科に行きました。レントゲンを撮ったところ背骨の3番から4番?が狭くなっているね、と言われ脊椎狭窄ですとの判断でした。その後接骨院に通ったところ痛みは取れましたがシビレだけ残っています。そのシビレもただのシビレの時もあれば少し痛みが伴う時もあります。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

「右脚、お尻のほっぺから外側を沿って、右脚の甲までに痺れがあります。とても痺れる時とそうでない時があります。」

→ 記載の状態では腰椎周辺で神経が圧迫されることによって生じる坐骨神経痛に類似しているようです。記載の脊椎狭窄症もその原因の1つになります。痛み止めの服用に併せて、下記のようなストレッチを行うことが有効な場合もあります。整形外科の理学療法士さんに指導していただきながら実施すると効果的と思います。

https://www.youtube.com/watch?v=JXQUjyWuFvM&feature=emb_logo

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます
ゆっくりYouTubeを観てみます。
週に一回ピラティスに行っているのですが、痛みや痺れがある時は無理に行かない方が良いのでしょうか

ティラピスは、痛みやしびれがあるうちは避けることが望ましいと思います。ストレッチは全てを行う必要はなく、できるものから開始いただくことが大切と思います。

回答の方、ご確認いただけましたでしょうか?

他に不明の点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。
坐骨神経痛とは治らない症状なのでしょうか

上記のストレッチで効果があれば、症状は軽減することも期待できます。

どうしても痛みが強い時には、神経を圧迫している部分の手術を行う方法もあります。これらで対応可能なケースは多くあります。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12381;うなのですね。この一年痺れや痛みを我慢している毎日が少しでも良くなるように、まずはストレッチしてみます。またよろしくお願いします。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

医療 についての関連する質問