ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9867
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

息子がギランバレー症候群と診断され入院して5日目です。 今は, 自力でトイレに行けず 管を入れている状態です

ユーザー評価:

息子がギランバレー症候群と診断され入院して5日目です。 今は
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 自力でトイレに行けず 管を入れている状態です これからどんな症状が出てくるのか心配でいられません。30歳 男性 服用中の薬はありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 呂律も回らず 全身に力がはいらない状態です。意思疎通は出来ているみたいです。 病院全体が面会謝絶なので本人にはあっていません。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

ギランバレー症候群では四肢の筋力低下、脱力感やしびれ、痛みなどの症状が、左右対称に現れます。顔面神経麻痺や嚥下障害といった脳神経障害、頻脈、起立性低血圧などの自律神経障害が起こることもあります。これらが数週間で出現する可能性があります。

特に不安の点、ご心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
20170;社会人で 品質管理の仕事についていますが 今後仕事や日常生活に際つかえがあるような後遺症が残るのかどうかが心配です。

重症例では歩行障害などが残ることがありますが、症状出現から短期間で入院治療が開始されていれば、障害を残すことなく改善する可能性は高いと考えられます。

ご家族のこと、大変ご心配と思います。

その他、不明なことなどご記載ください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
23455;は、 今回の入院の前に 10日間感染性胃腸炎で入院していました。 その時の検査でカンビロパクターという菌がみつかりましたが 入院する4日前に貝とさんまの刺身を食べたそうですが それでもカンビロパクターは出るのでしょうか? 退院して次の日に 焼いた鶏肉を食べて その次の日に 呂律が回らなくなり その翌日に病院に行き入院しましたが 最初に入院した 感染性腸炎も 今回の入院に何か関係があるのでしょうか?

カンピロバクターに接した(摂取した)2-5日後に症状が出現することが多いため、これによる胃腸炎発症とは時間的に一致すると思います。

ギランバレー症候群は、このようなウイルスや細菌に感染することなどがきっかけで、外敵から身を守る役割であるはずの免疫システムが、誤って自身の末梢神経を攻撃することによって発症すると考えられています(自己免疫疾患)。このため、カンピロバクターに感染したことが誘因であった可能性はあると思います。

他に不明な点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 7 日 前.
20170;回ギランバレー症候群にかかりましたが この病気は完治するものでしょうか? また 完治してもまたかかるのでしょうか?

ギランバレー症候群の完治はありますが、まれに再発することもあります。少数ですが、複数回の再発を繰り返す事例もあります。

他に不明の点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 6 日 前.
36074;問が前後してしまいますが 一般的に 発病してから退院し 日常生活等 「車の運転・仕事復帰~8時間労働~」 に戻れるようになるのには どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

経過にはばらつきがありますが、4-12週程度で症状が改善し、復職されることが多いと思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

質問者: 返答済み 2 日 前.
Dr.わか に再度質問です。 先日 担当医師と面談し 病名が ギランバレー症候群・フィッシャー症候群と判断されました。
治療法として 今週から 免疫グロゴリン?ブロブリン? の点滴を使用する事となりました。 一応退院まではどの位掛かるのかと息子が質問した所 一言 「 わからない 」 とそっけない返事でした。 当方としては おおよその数字が欲しかったのですが この質問の答えとしては妥当なものでしょうか?

前述のように病状経過は個々の事例で異なるため、治療開始時点では推測が難しくなります。開始後の経過をみれば、推測できてくると思います。

医療 についての関連する質問