ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 5277
経験:  dasdasd
108057004
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

不整脈についてお問合せします。 発作性心房細動を発症し、アブレーション手術を受けました。

ユーザー評価:

不整脈についてお問合せします。
発作性心房細動を発症し、アブレーション手術を受けました。
現在、4ヶ月経過しましたが、期外収縮・胸の不快感が時々出ます。【これまでの経緯】
2020年1月6日  期外収縮・胸の不快感の為受診、安静時心拍数60bpm
2020年5月16日  発作性心房細動の発症 心拍数127bpm
リクシアナOD錠60mg(1回/日)服用開始~9/1まで
2020年6月2日  CT検査、睡眠時無呼吸症候群検査:問題なし
2020年6月3日  カテーテルアブレーション
左心房肺静脈2か所、右心房肺静脈1か所
2020年6月29日  エコー検査:増帽弁前尖やや輝度上昇、軽度の逆流(+)
少量の左房→右房シャント(+)
2020年9月1日  ホルター心電図:心拍数 62~104bpm av.83bpm
所見 paf/AFL(-), APCs 28beats, Couplet 1/day, 5連発 1回
VPCs(Multi) 23beats, 単発のみ
エコー検査:増帽弁前尖やや肥厚ぎみ、軽度の逆流(+)
その他明らかな異常所見(-)
2020年9月12日  期外収縮・胸の不快感3時間 心拍数81~93bpm
2020年9月14日  ペブリコール錠50mg(2回/日)服用開始~10/5まで
2020年10月5日  期外収縮・胸の不快感5時間
心電図(心拍数92bpm )、血液検査:異常なし
ペブリコール服用中止(副作用の可能性のため)
2020年10月8日  期外収縮・胸の不快感10分間 心拍数81~94bpm
以上
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 法律ではなく医師に相談希望です

対応をさせていただきます。よろしくお願いします。現在回答を作成していますので、もう少しお待ちください。

ご心配のことと思います。

循環器内科専門医のDoctorHeartです。

発作性心房細動のアブレーション後に心拍数が少し早くなったり、期外収縮からの動悸を自覚される方は比較的いらっしゃいます。
おそらくは発作性心房細動とともに期外収縮を持っている方が多く、アブレーションによって発作性心房細動が抑えられたために、相対的に期外収縮からの動悸を自覚される傾向が強くなったためと推測しています。
アブレーション後のホルター心電図でも心房細動はなく、期外収縮自体も多くはないようです。
基本的に期外収縮は心エコーで基礎心疾患がなければ、治療の必要のない不整脈の代表格となっています。
ですので、個人的にはベプリコールの内服は不要と思います。
現在はベプリコールは中止されていらっしゃるようですので、内服をされるのであれば、メインテートなどのβブロッカーを内服していただくほうが期外収縮からの動悸感を抑制することができるように思います。
主治医に相談をしていただき、メインテートを2.5mg/日くらいから導入をしてもらうと、動悸感はずいぶん緩和されると思います。

以上、一般的な内容について書かせていただきました。追加のご質問・疑問点などがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

回答は見ていただけましたでしょうか?

追加のご質問はありますでしょうか?

お返事をお待ちしております。

質問者: 返答済み 18 日 前.
36215;床時に計測する心拍数が上昇傾向です。問題ないでしょうか。
各月の平均値:6~8月70bpm、9月76bpm、10月79bpm(アブレーション前は60bpm)
また、運動後(1時間程度のテニス)、胸の苦しさ・不快感(心拍数は100~110bpm)があります。原因としてどのようなことが考えられるでしょうか。

御返事ありがとうございます。

発作性心房細動へのカテーテルアブレーション後に心拍数が術前より上昇傾向ににあることは多々経験します。
ただ徐々に心拍数も落ち着いて来ることがほとんどです。(自律神経の影響があるように思います)
経験的には術後半年から1年くらいで心拍数も元に戻ってくることが多いです。
心拍数がやや速めで、動悸の自覚がある様なら、先にお伝えしたメインテートというβブロッカーを内服していただくことで、心拍数のコントロールができます。
術後半年から1年くらいをめどにゆっくり減量をしていくことができるようになると思います。
現在動悸症状がある様でしたら、まずはメインテートを内服していただくといいと思います。

質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございます。質問は以上です。

どういたしまして。お大事になさってください。

小生のわかる範囲で対応させていただきますので、また何かありましたらご相談ください。

今後の回答作業の参考とさせていただきたく、今回の対応に対しての貴方様の評価をお聞かせください。

今回の対応についての貴方様の評価として、画面右上の評価の星の数の確定をつけて頂きますよう、よろしくお願いいたします。

(プラス評価をしたとしても追加で料金が発生することはありません。)

DoctorHeartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ご評価ありがとうございました。小生の名前のリンクにある質問欄から直接小生あてに質問も投稿いただけますのでご活用ください。

医療 についての関連する質問