ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9992
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

足根骨癒合症(距踵間癒合症)の診断を受け、手術適応との説明を整形外科医からいただきました。

ユーザー評価:

足根骨癒合症(距踵間癒合症)の診断を受け、手術適応との説明を整形外科医からいただきました。
この場合、関節鏡下手術は可能でしょうか?
癒合部によると思いますが、出来る限り低侵襲の手術を望んでおります。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

距踵間癒合症については病状によりますが、内視鏡的に癒合部分の切除術が実施されることがあります。この場合、足関節の専門医での治療が望ましいと思います。

例えば、足関節外来などが専門性の高い治療を行う外来になります。

ご不明、心配の点についてご記載をお願いします。

質問者: 返答済み 17 日 前.
26082;に専門外来(大学病院の「足の外科」)に診察(初診)に行きました。
ドクターからは、内くるぶしを切開して医療用のノミで癒合部を
切除するという説明を受けました。私としては代替的な、もう一つの選択肢として関節鏡下手術で執刀していただきたいと
切望しております。低侵襲であり、社会復帰が早いからです。切開による手術するか、関節鏡で手術するかの判断がその医師の好みの問題なのか、
技術の問題なのか、癒合部の状態によるものかが不明なのです。

「切開による手術するか、関節鏡で手術するかの判断がその医師の好みの問題なのか、
技術の問題なのか、癒合部の状態によるものかが不明なのです。」

→ 推測になりますが、癒合部の状態によって切開による手術が選択されているのだと思います。

治療方法については他の病院でセカンドオピニオンを得る方法もあると思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
25215;知しました。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

医療 についての関連する質問