ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9029
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

肺がんで手術をして取ったのですが、リンパ節に転移があり手術をすることが出来ません。今現在の肺の状態は酸素濃度が90~93

ユーザー評価:

肺がんで手術をして取ったのですが、リンパ節に転移があり手術をすることが出来ません。今現在の肺の状態は酸素濃度が90~93位で間質性肺炎と肺気腫の合併症をおこしています。先生からは抗がん剤か免疫療法を勧められています。ネットで見て重粒子線治療が出来ないのか教えて下さい。扁平上皮癌でした。宜しくお願いします。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年齢は、69歳です。服用の薬は吸入をしていて家に帰ったらお薬の名前が分かります。ロトリガ、ロキソニン胃薬を飲んでいます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 肺がんの手術中に酸素が3分ぐらいしか持たなくて本来の右肺の下葉摘出手術とリンパ節の掃除が出来ませんでした。

ご相談ありがとうございます。

肺癌にたいする重粒子線治療では、肺周辺組織への浸潤程度、遠隔転移などの有無が適応の判断基準になります。リンパ節に転移がないかあっても胸部のリンパ節に止まっている場合で、遠隔転移がなく、胸水や心嚢水のない肺がんは実施が検討されますが、ご記載の間質性肺炎と肺気腫の合併が問題となるかもしれません。これらの点を考慮して、抗がん剤もしくは免疫療法が検討されている可能性があります。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。
特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 2 日 前.
36820;信ありがとうございます。他の転移がまだ有るかは、ペット検査をすることになっています。検査後に連絡します。宜しくお願いします。

ご不明のことがありましたら、またご質問相談ください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。今後の相談業務に生かさせていただきます。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。

評価入力後も質問継続は可能です。お待ちしております。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問