ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9146
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

先々週の金曜日に突然高熱がでた80代の母が近所の病院に救急搬送され、閉塞型黄疸ということで、その治療のための入院となりま

ユーザー評価:

先々週の金曜日に突然高熱がでた80代の母が近所の病院に救急搬送され、閉塞型黄疸ということで、その治療のための入院となりました。いままでの治療内容は、詰まった胆管の中の胆汁を排出するために内視鏡を使用したステントを最初1本いれ、それでも熱がさがらなかったことからもう一度内視起用を使用してステントを二本挿入。単汁は鼻から出ている管を通じて排出されている。抗生物質や栄養などは点滴で対応してきたところ、現在熱は6度9分まで下がったが、それ以上さがらず、また白血球が20000と高止まり。ほぼ毎日血液検査とレントゲンなどをとりながら、もう12日間毎日検査の繰り返しの日々。余り歩くこともできず、食事は一切とれず、本人はかなり疲労の色が濃くなっています。先生は、データーはよくなっているのだが、明日三度目の内視鏡をやると母に告げたようです。二度目の内視鏡手術の時も事前に家族に相談もなく処置され、今回は理由がせつめいされないまま、3度目を実施するということのようで、母が大変心配しています。もともとすい臓嚢胞があり、2年ほど悪性の癌化する可能性を告知されており経過観察で癌研にお世話になっておりますが、今回は癌の専門病院でない総合病院すので、(情報提供はすべてしておりますが)、何の処置をどのようにして、いつ食べられるようになり、いつ退院できるのか、(あるいはいつ癌研に転院できるのか)全く見通しがわからないまま、いろんなことが勝手に進んでしまいます。現在コロナ感染予防のため直接あえないことから、母は意識もしっかりしていますが、間接的に話を聴くだけでは全体像も方向性もわからず、私も母も情報が不足しており不安に思っております。閉塞性黄疸の治療は、今回の内容が標準なのでしょうか?また内視鏡をそんなに何回も使用して大丈夫なのでしょうか?母は内視鏡後に水が飲めない状態がとてもつらいといっており、食べられていないので、元気が日々亡くなっています。あす医師の先生から連絡をもらいたいと伝えていますが、なにかこちらが知っておくべきことがあれば、ありがたいと存じメールします。
JA: いつ頃からですか?
Customer: 先々週の金曜日に突然高熱によって黄疸に気づいた次第ですが、その1週間前から、顔色が悪い感じはありました。この回答でいいのでしょうか?
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 82歳、女性、高血圧の薬と緑内障の目薬です
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: とりいそぎは以上です

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

質問者: 返答済み 16 日 前.
24481;返信お待ちしています。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12356;いえ、まずはメールでの回答を希望します。すみませんが、よろしくおねがいします

当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

「データーはよくなっているのだが、明日三度目の内視鏡をやると母に告げたようです。」

→ 白血球が高いなど炎症を示す数値があり、狭窄部位や十二指腸周辺の病変がないか確認するのだと思います。

「すい臓嚢胞があり、2年ほど悪性の癌化する可能性を告知されており」

→ 画像上、大きさによっては胆管などの圧迫がある可能性があります。

「閉塞性黄疸の治療は、今回の内容が標準なのでしょうか?」

→ 記載の内容からは標準的対応が実施されていると思います。ただし、お母様の場合、すい臓嚢胞があるため、これがどの程度病状に影響しているかを確認することが大切と思います。

「内視鏡をそんなに何回も使用して大丈夫なのでしょうか?」

→ 内視鏡を3回など行うこと自体は問題ないと思いますが、お母様の体力を考えると、負担が大きいと思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 16 日 前.
20102;解です。返信を待っています。

念のために、先ほどの返信を再送いたします。

「データーはよくなっているのだが、明日三度目の内視鏡をやると母に告げたようです。」

→ 白血球が高いなど炎症を示す数値があり、狭窄部位や十二指腸周辺の病変がないか確認するのだと思います。

「すい臓嚢胞があり、2年ほど悪性の癌化する可能性を告知されており」

→ 画像上、大きさによっては胆管などの圧迫がある可能性があります。

「閉塞性黄疸の治療は、今回の内容が標準なのでしょうか?」

→ 記載の内容からは標準的対応が実施されていると思います。ただし、お母様の場合、すい臓嚢胞があるため、これがどの程度病状に影響しているかを確認することが大切と思います。

「内視鏡をそんなに何回も使用して大丈夫なのでしょうか?」

→ 内視鏡を3回など行うこと自体は問題ないと思いますが、お母様の体力を考えると、負担が大きいと思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;丁寧なご回答が有難うございます。狭窄部位の病変などを確認するために3回めの内視鏡をすること自体、逸脱している処置ではないことがわかり、まずは安心しました。今回たん汁が渋滞をおこした部分の腫瘍?を最初に切除し、そのついでに生体検査用の組織も摘出したようですので、その病理検査の結果内容で、どの程度悪さしているかがわかり、今後の方針などは決まるのだろうと期待していますが、その認識は間違っていないでしょうか。あと、82歳の母が、「何も食べられないので(あたりまえですが)力が出ない、夜があんまり眠れない、またあした突然内視鏡ときいて、また水が飲めないのかとおもうと、データーはよくなっているというのに、なんだか一気につかれてしまった。」と言っていますが、医師にそのことを伝えにくいようです。3回目の内視鏡以外の方法で、負担の少ない方法はほかにないのでしょうかまた医師が「あとはどこまでやるかが問題だな」と独り言を放ったことで、事前のINFORMED CONCENTもないまま、進んでしまうのかという恐怖と、すい臓の手術の難しさをさんざん聞いて経過処置にしている母にしてみると、いったい自分の内臓になにがおこなわれているのか、わからず恐怖に感じているようです。あと、黄疸の治療は、このままいくと、いつごろになったら食事ができ、退院できるものなのでしょうか?あとあまり歩いていないと母が言っていますが、歩かないことで筋力がさがることへの危惧も口にしています。いままで別の手術のときも、手術後はすぐに歩けといわれて、体力の低下を防止してきたので、いろいろと違和感があるようです。いまの状態はあるかないほうがいいのでしょうか?いくつもすみませんが、ご教示くださると幸いです。

「今後の方針などは決まるのだろうと期待していますが、その認識は間違っていないでしょうか。」

→ 記載されているように、病理検査の結果を待っている状態と思います。

「3回目の内視鏡以外の方法で、負担の少ない方法はほかにないのでしょうか」

→ CTなど画像検査でもある程度確認できると思いますが、CTでどの程度まで画像が描出されるかだと思います。

「黄疸の治療は、このままいくと、いつごろになったら食事ができ、退院できるものなのでしょうか?」

→ 狭窄部分があれば、それが改善しないと食事と水分は難しくなると思います。狭窄を軽減する方法を確認していると思います。現在の薬の効果があれば、軽減していく可能性はあります。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。あと3点だけご教示くださいまずあすは当初CTの予定だったそうですが、突然内視鏡となったときいています。今回Dわか先生のご説明で、担当医は、今日の管から造影剤を入れたレントゲンをとったようですから、その結果、CTでは狭窄部分まで画質が描出されないと判断した可能性があったのではないかと、想定しました。そのへんの説明をしてくださるともっと良いのですが…忙しそうで悪いからというスタンスの母なため、余計説明が省かれているのかもしれません…もうすこし処置する前になにをするのか説明をしていただけないかと伝えることは問題ないでしょうか?それとも黄疸の治療は、都度INFORMED CONCENTをとるような処置ではないということなのでしょうか?狭窄部分があれば飲食が難しい状態が続くということですが、寝たままで、あまり歩かないままで、高齢の母の補講能力が大幅に低下する危険はないのでしょうか?もしその危険があれば、どのような方法で、病室で体力の温存をはかればよいでしょうか?(母は個室で入院していますので、個室でできるエクササイズなどがあれば、助かります)よろしくおねがいします
質問者: 返答済み 16 日 前.
12377;みません、あと1点。薬が効いていれば軽減してくるということでしたが、その薬が効かない場合、このまま母は食事ができなくなるような生活状態になることはあるのでしょうか?
質問者: 返答済み 16 日 前.
22812;分にすみません。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 16 日 前.
22238;答お待ちしております。よろしくお願いいたします。

「もうすこし処置する前になにをするのか説明をしていただけないかと伝えることは問題ないでしょうか?」

→ 問題ないと思います。確認してから検査と治療は受けられた方がよろしいと思います。

「それとも黄疸の治療は、都度INFORMED CONCENTをとるような処置ではないということなのでしょうか?」

→ インフォームドコンセントは必要と思います。処置前に説明されます。

「、高齢の母の補講能力が大幅に低下する危険はないのでしょうか?もしその危険があれば、どのような方法で、病室で体力の温存をはかればよいでしょうか?」

→ これは無理して実行しない方がよろしいと思います。例えば軽いゴムチューブなどで手と足を動かす程度で十分と思います。

質問者: 返答済み 16 日 前.
26126;日 INFORMED CONCENTを通常通りしてほしいむねを、医師に私からも伝えたく存じます。
なお、ゴムチューブは、アスリートの息子が沢山もっているので、一番らくなものを明日届けようと思います。あと最後の質問のご回答をお待ちしております。食べることが大好きな母が一番心配していることですのでお知らせくださるとありがたく存じます。
質問者: 返答済み 16 日 前.
8595;
この質問ですすみません、あと1点。薬が効いていれば軽減してくるということでしたが、その薬が効かない場合、このまま母は食事ができなくなるような生活状態になることはあるのでしょうか?

「薬が効いていれば軽減してくるということでしたが、その薬が効かない場合、このまま母は食事ができなくなるような生活状態になることはあるのでしょうか?」

→ 薬の効果があれば食事はできるようになる可能性があります。治療の効果がなければ、胃から食べものが流れる部分が狭くなるため、胃に食べ物をいれることができなくなります。現時点の治療をこれを改善させようとしているのだと思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

他に不明な点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました。一日も早く改善してくれることを信じて、担当医とのコミュニケーションがもうすこしスムーズにいくよう、今日頂いた情報を参考にしながら、必要な情報をもらえるようにしたいと思います。ありがとうございました。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

医療 についての関連する質問