ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9090
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

60代の父親が10年前から進行性白質脳症です。この病気は遺伝するのかお伺いしたいです。 25歳 女

ユーザー評価:

60代の父親が10年前から進行性白質脳症です。この病気は遺伝するのかお伺いしたいです。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 25歳 女 です。服用中の薬は特にございません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 父親の接し方、食事、上記の病気にならないために気をつけることを知りたいです。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

ご記載ありがとうございます。

「この病気は遺伝するのかお伺いしたいです。」→ 25%の確率で遺伝することが示されています。

「父親の接し方、食事、上記の病気にならないために気をつけることを知りたいです。」

→ 進行にともなって運動機能に障害を生じてきます。このため、ふらつきや歩行の障害が生じ、転倒に注意が必要です。認知機能が低下することもあり、認知症と類似した物忘れや判断力の低下がでることもあります。てんかんを起こすことがあるため、発作の際には担当医に連絡ください。女性では月経障害を呈することもあるため、鉄分を多めにとり、貧血を予防することが大切です。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;返信ありがとうございます。では4分の1の確率で必ず遺伝するのですね。
遺伝した場合必ず症状は発症するのでしょうか。
また、父の両親はこの病気になっていませんでしたが、遺伝しなかっただけなのでしょうか。

体の中に遺伝子をもっても発症しないことはあります。

常染色体劣性遺伝病であり、これは両親から同じ突然変異をした遺伝子をもらった場合だけに発症する病気です。突然変異した遺伝子を1つだけしかもたない場合、みかけ上は他の人と変わりありません。しかし、その遺伝子が子孫に伝わる可能性はあります。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。では父親、母親両方が白質脳症の遺伝子を持っていた場合が25%とのことなのですね。

そうですね、両親ともその遺伝子を持っている場合、発症確率は25%と考えられています。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
25215;知いたしました。
詳しくありがとうございます。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

質問者: 返答済み 14 日 前.
24230;々申し訳ございません。
聞き忘れたことがございまして...
片親のみの発症の場合の遺伝確率をご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

発症する場合、ご両親がその特定の遺伝子を有していると考えられます。ご両親のうち、お父様のみが発症していても、ご両親とも発症していても、両親が遺伝子をもっていれば、お子様の発症確率は25%になります。

お父様が発症していても、お母様が遺伝子をもっていなければ、お子様が発症する可能性はありません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
25215;知いたしました。
ありがとうございます。とても助かりました。

ありがとうございます。

医療 についての関連する質問