ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9113
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

ご相談、宜しくお願い致します。

ユーザー評価:

ご相談、宜しくお願い致します。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

1 いつからどのようは症状がありますか

2 年齢 性別 既往歴を教えてください

3 現在の症状について回答を得たいことを疑問文形式で提示ください

質問者: 返答済み 15 日 前.
12418;う2年以上前からの症状です。
  後鼻漏?だと思います。
原因がわからず、今でも苦しんでおります。
年齢30代 女です。喉にずっと垂れてくる粘度の強い物が辛い状態です。鼻の奥にも詰まります。鼻水が濃くなったというよりも、鼻水以外の物が混ざってるような感じがします。
鼻呼吸がしにくく自然に口を開けてしまいます。
耳鼻科にも行きましたが、ハッキリとはわからず、時間が経ってしまっております。最近、わかったのは、漢方医さんを訪ね、当初、撮ったCTなどを持っていたら見せて欲しいとの事で見て頂き、このような場所に灰色く写るものを見つけて頂きました。
目もショボショボ重たい感じだけがあります。
漢方医さんに見つけて頂いた場所?薬剤師さんにも診て頂きました。
確かに何かが詰まっている?溜まっているなどは言われました。中には腫れている?など。。。
医師にも見つけてもらってはいません。まだ、この件については最近わかったことです。
CTの画像を添付けますね。どの部位が、どのような可能性があるか、わかる範囲でも構いませんので宜しくお願い致します。

篩骨洞に膿がたまっているか粘膜が肥厚している(つまり副鼻腔炎)の可能性や、画像の断面の切り口の問題(斜めに長く正常粘膜部分のところでスライスを切るとこのように見える事があります)や、腫瘍の可能性などが可能性としては考えられると思います。

副鼻腔炎のCT画像を恐らく検索された事があると思いますが、上顎洞などにぎっしちびっしり膿が使っているような画像も見たことがあると思います。今回のものはそれとは明らかに異なる事も既にお調べになって知っていられると思います。今回の画像のように他の部分はすべて正常でほんの一部に異常がある時はスライスの切り方が斜めになっているなどで画像上以上に見えているだけの可能性が多いので、前後や別の切り方の画像も含めて検討する必要があるので、画像をCDに焼いてもらったものを持って耳鼻科にセカンドオピニオンに行かれてください。連続した画像をみる必要がありますが、当サイトにその容量の画像をUPすることは不可能ですし、インターネット医療相談で出来る事の範囲を超えておりますので、厚労省の規約により厳しく制限されている中ではこれが限界のコメントとなります。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。
あとは、3.4ヶ月前にこのような結果が出ました。
ですが、先生からは、なんの指摘もされません。これは、どのような時に検出される菌でしょうか?ふだんは、この数は出てくることはないと、こちらのネットの方に聞いたりもしましたが…

>ですが、先生からは、なんの指摘もされません。これは、どのような時に検出される菌でしょうか?

→口腔内常在菌なので何の指摘もする必要がないので指摘されなかったのだと思いますよ。

どのような時に検出されるかというと、いつなんどきでも健常者の口の中を綿棒で拭ったり、唾を吐いてもらって口の中の検体をとればいつなんどきでも検出される可能性のある細菌です。

質問者: 返答済み 14 日 前.
CTの件は、焼いてもらった物を持って耳鼻科には行きました。
ですが、副鼻腔は問題ないと言われます。
CTを焼いてもらったのを漢方医さんや薬剤師さんに見てもらったところ、家族にも見てもらいました。パソコンで。1つずつスライスというか、じっくり見ていくと写るものを見つけたんです。
早く見ると写りませんが、しっかり見てくと写ります。まだこの件、篩骨洞あたりに見つけた物に対しては耳鼻科に行っておらず、悩んでおります。
後鼻漏が辛くて…その原因となる場所が、これではないかと思っているのですが、怖くて不安です。CT、どのように見ても、白く写し出される物はないとお聞きしました。明らかに左右対象ではないし、問題はあるなども言われたり…です

病院で連続画像でみてもらって問題がなかったのであれば、この1枚は単に切り方の問題だと思います。つまり連続画像で前後をちゃんとみていくと異常ではないと言う事だと思います。

>副鼻腔は問題ないと言われます。

>篩骨洞あたりに見つけた物に対しては耳鼻科に行っておらず

→篩骨洞は副鼻腔のひとつですので、副鼻腔に問題がないということはつまり篩骨洞にも問題がなかったということです。

>怖くて不安です。

→よかったですね、既にきちんと連続画像でセカンドオピニオンで耳鼻科を受診してみて貰っていて、副鼻腔(篩骨洞含む)に問題はないと言われてのであれば何も怖がる必要も不安になる必要もないですね。

質問者: 返答済み 14 日 前.
33740;は2+検出されています。
増えているから出ているのではないのでしょうか?
常在菌は、わかります。レンサ球菌は増えていませんか?レンサ球菌があればお薬で治療して下さいと、こちらの医師の方からは言われました。
通常は出にくいと思いますと言われましたが。。、
質問者: 返答済み 14 日 前.
21307;師には直接、言われてないのですが…病院のホームページを、見て画像を、貼り付け相談をしましたところ、副鼻腔には明らかな所見はないが軽度な陰影はあると言われました。
私たちが見つけた箇所の画像を送りました。これは、どういう意味なんでしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
32154;けてご相談すみません。
いつも垂れてくる後鼻漏がかなり濃くて、鼻に詰まります。ドロドロです。1日に、数回、黄色のブツブツが混じります。細菌などの可能性はないでしょうか?あと、細菌性副鼻腔炎などではないでしょうか?膿のない副鼻腔炎などもあるとお聞きしましたが…

細菌の事については細菌の質問をしてる方のスレッドで質問を継続してください。サイトのルールなのでご了承ください。

細菌性副鼻腔炎がご心配であれば抗生剤の内服治療をされてみてもいいと思いますよ。耳鼻科を受診して相談ください。

ただ、副鼻腔炎の細菌の有無をみるには、舌をぬぐう野ではなく痰や鼻水を直接採取して細菌検査に提出する必要があります。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。
膿のない副鼻腔炎ってあるのですね。それは、内視鏡やCTなどには写らないのでしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
40763;奥にいつも粘度の強い鼻水が貯留しているんです。
鼻水をかんでも、なかなか前に出てきません。粘くて。張り付きます。痰を切るよう強く吐き出すと黄色い鼻水の固まりが喉〜口に出てきます。
常にお口の中はムチン状態?です。

普通は膿がありますが粘膜の肥厚(炎症)だけの事もあると思います。

抗生剤の内服は簡単にできるのでご心配であれば耳鼻科を受診して処方してもらってください。

質問者: 返答済み 14 日 前.
2年も前からの症状です。炎症は自然には治らない物なのでしょうか?肥厚、腫れなどはCTでわかりますか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
20170;、現在、菌があるかどうかは、わかりません。
抗生物質ですが、クラリスなどは当初、出され飲んでおりましたが10日ほどで中止になりました。
今回、細菌検査では、このような菌が検出されましたが、細菌性副鼻腔炎でも、このような菌は出ますね?
この場合、オーグメンチンという抗生物質が良いと、こちらの方に言われました。
クラリスとオーグメンチンは全く違うお薬に、なると聞いたのですが…どういったお薬になりますか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;と、この部分にいつも粘い鼻水が認められます。
内視鏡を入れて確認できます。が、これは、上鼻道ら辺でしょうか?わかりにくくて、すみません。宜しくお願いします。
質問者: 返答済み 14 日 前.
12431;か様という方からDr.Yamamoto様に切り替わっていましたので、1つのほうには評価させて頂きました。
引き続き宜しくお願い致します。

なお、貴方に検出されているのはα溶血性連鎖球菌です。いわゆる溶連菌と言われている咽頭炎や猩紅熱の原因になるものはβ溶血性連鎖球菌というグループにはいりますので今回検出されているのはいわゆる溶連菌ではありません。

今回はα溶血性連鎖球菌のグループに属する細菌なので、おそらく口腔内常在菌の緑色連鎖球菌ではないかと予想します。舌をぬぐってでてきた細菌ですからね。

Streptcoccusというのは連鎖球菌のことで、連鎖球菌には沢山の種類があるため、それらをグループ分けする手法としてまずその溶血性によりα、β、γ溶血性の3群に分けられます。この3群の中で更にまた個別の細菌に別れていきます。

ちなみに、クラリスであれば貴方が心配しているいわゆる世間一般で溶連菌といわれているβ溶血性連鎖球菌に効果はあります。

抗生剤にはたくさんの種類がありそれぞれグループ分けがあり、それを説明するのは本1冊分の分量になるのでここで悦名することは不適だと思います。オーグメンチンは嫌気性菌といって空気がないところで生育するような細菌に強い抗生剤になります。

添付の写真はあまりに一部なのでどこの部分化をお答えすることはできません。鼻の中はだいたいそんな感じのところがたくさんあります。検査を実際に行った担当医にきいてください。検査をした人なら大体この変だったなと言う事を覚えていると思います。

なお、溶連菌でオーグメンチンを使った方がいいと言われた質問を参照しようと思ったのですが、質問者様は非常にたくさんの質問をされていたので履歴からお探しすることが困難で下。

探す際の手がかりとして教えて頂きたいのですが、回答者が誰だったか覚えていらっしゃいますか?

何月何日頃の質問でしょうか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
26152;日の話です。オーグメンチンを、使うのは先日、の結果表を見て言われました。
私の出ている菌に対してのお薬だと言われておりましたよ。
Dr.GATO様という方でした。

承知しました。現在履歴自体が見れなくなっているのでまだ後でみておきます。

お大事にされてください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。今後の相談業務に生かさせていただきます。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
ありがとうございました。お大事になさってください。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問