JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 7094
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

看護部長の監督不行き届きによりリハビリ師が危険行為を行った。

ユーザー評価:

看護部長の監督不行き届きによりリハビリ師が危険行為を行った。リハビリ師に患者さんが(統合失調症と身体に麻痺がある)クレームを言ってきていて看護部長はそれを病気だからって言ってかばう。2人で病気の人だから何を言っても嘘だと言っているわけで。かばいあってるんです。しかし、このリハビリ師に限っては、こういった報告が複数件あって、かなり具体的内容でそれも1人じゃない。複数人の人がとてつもなくしんどいことをされる。ひどいことをされる。と言って怯えて拒否。
職員の間でも患者さんの様子がおかしい。おかしいと話題になっている。ヘルパー主任も看護部長に言いに行った。「あの先生はひどい。ついていけないと●●さんが言っていますよ。」「●●さんの足腫れてますよ!」
その後も看護部長は3階に上がる事も一切無く、どんなリハビリをしているのか観察している様子もなければ他の人に聞いて調べる様子もない。「●●さん昨日食べたものや、日付、一週間前話した事まで覚えてらっしゃいますよ。」
と言っても看護部長は取り合わない。そして事が起きた。患者さんの訓練時間がきた。リハビリ師はベッド柵を外し、「自分で立てば」とその場を離れて患者さんを1人にした。
患者さんは仕方なく1人で立位に挑戦した。本来ならリハビリ師が手助けして立てるよう練習する。患者さんから離れてはならない。それにより「何故こんな酷い事を私にするのか」患者さんが泣いて訴えてきた。私と看護副長でリハビリ師に問いただし、リハビリ師は事実を認めた。謝罪は本人に任せた。
病院側は業務改善命令を出したが、その後謝罪には行かずリハビリ師は辞めた。その間1ヶ月。看護部長は「あの患者さんは病気だからその言葉は信憑性に欠ける」と言い、
本来なら、2人の各々話を聞くように精査するもの。それをしなかった。患者さんはそれがきっかけで症状が悪化した。
体調を崩して不安定になり現在に至る。患者さんが訴えるとしたらそれぞれどんな罪になりますか?①リハビリ師の罪②看護部長の罪③病院の罪

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

質問者: 返答済み 3 日 前.
35036;足:
その後、副部長と私はこの事について部長と話していません。
業務改善命令はリハビリ師にのみ出されました。

ご記載の状態をみると、訴える対象は①②③のいずれにもなりますが、病院の監督問題が大きいとおもいますので、対象は③の病院になると思います。

質問者: 返答済み 3 日 前.
20855;体的に何の罪に問われますか?慰謝料も請求できますか?

罪は、病院の使用者責任、リハビリ師には医療従事者の注意義務違反を問えると思います。慰謝料の請求ができるかは弁護士さんとの相談になると思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 日 前.
12354;りがとうございました。

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、またご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。

医療 についての関連する質問