JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 8748
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

婦人科に特化した質問しても大丈夫でしょうか?

ユーザー評価:

婦人科に特化した質問しても大丈夫でしょうか?
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 41歳・女性。ルトラール服用(先週火曜日→土曜日夜、副作用につき断薬)。火曜日(30日)よりツムラトウキシャクヤクサン服用してます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ルトラール服用前から、不正出血してたのですが、ルトラール服用してから、かなり不正出血が悪化。

ご質問は、何でしょうか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
12523;トラール以外のホルモン剤は使えないのでしょうか?また、止血剤も使えないのでしょうか?現在、30.5cmのナプキン1時間おきに変えないといけないぐらいの大量出血です。
ルトラールでここまで副作用で酷い不正出血が副作用で発生しますか?ご多忙のところ申し訳ございません。よろしくお願いします。

適切な治療を実施するためには、的確な診断が大切です。

あなたの診断は、器質的疾患を認めない子宮からの不正性器出血、すなわち、「機能性子宮出血」でしょうか?

とするならば、当然、子宮ガンや子宮筋腫からの出血では無いことは確認がされているものと存じます。

その診断ができていないのでしたら、そちらが先になります。

もしその確認が終わっているのでしたら、ルトラール以外のホルモン剤は使えます。そして、止血剤も使えますが、止血剤に関しましては気休め程度でほとんど効かないと思った方がいいです。また、ルトラールの副作用でひどい不正出血はありえます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
21069;の先生には申し訳ないのですが、ネットで調べ済みの解答がそのまま返信として来てしまったため、辛口な評価になりました。
質問者: 返答済み 15 日 前.
12394;ら、何故、「主治医がホルモン剤使えないと言ったのかが、知りたい」と言う話です。説明不足すみません。

回答者が交代しました。解決していない点を明示ください。

その点についてピンポイントで追加説明させて頂きますね。

質問者: 返答済み 15 日 前.
23376;宮頸がんなどの病気ではないのに
①何故、他のホルモン剤が使えないと医師が判断してるかが不明。②気休めでも30.5cmのナプキンを1時間おきに変えないといけないほどの大量出血なのに、止血剤も出さずに「貧血」など心配しなくていいのか?③大量出血はいつになれば治るのか。まとめて、質問した方が早そうなので、まとめさせていただきました。
質問者: 返答済み 15 日 前.
65290;③については「ルトラール」の副作用での大量出血の事です
質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;多忙のところ申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

情報リクエストをさせて頂きます。

1 元々は不正出血を主訴に受診してルトラールを処方されたという事のようですが、元々の不正出血はいつから始まったのでしょうか。

2 主治医からは不正出血の原因については何か説明がありましたか?

3 行った検査とその結果を教えてください

4 他のホルモン剤や止血剤は使えないと主治医に言われたということですが何かその際に説明はありましたか?

5 喫煙はされますか?

6 肥満はありますか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
1.5/28(今回の生理)
2.過度のストレス
3.性交渉なしにてMRI(多嚢胞卵巣)
*右は正常で左が多嚢胞卵巣(多嚢胞卵巣症候群との違いが判りません)・血液検査は以上なし。
4.特に説明なし(にて、解りません)
5.なし
6.はい
質問者: 返答済み 15 日 前.
12383;だ、偏頭痛が元々すごく酷いので「ピル」は使えない、使いたくないと言ってます。
質問者: 返答済み 15 日 前.
35492;変換申し訳ございません。

低用量ピルは基本的には40歳以上の方には使用しません。血栓症等の副作用のリスクが高まるからです。肥満や片頭痛があれば更にリスクを高めるので使いません。

恐らくそれらの理由からホルモン剤は使用できないと主治医は言ったのだと思います。ピルが使えないということで言えば、全てのホルモン剤が使えないというのと同じ意味なので、主治医としては「偏頭痛が元々すごく酷いので「ピル」は使えない、使いたくないと言ってます。」ということでホルモン剤が使えないことの説明をしたつもりなのだと思いますよ。止血剤についても同様に血栓症のリスクを高めるので同じ理由から使いたくないと思っているのだと思います。

とはいえ、1時間おきに夜用ナプキンを取り換える程の出血であればおっしゃるように貧血が進行することは心配です。このような大量出血の場合は血栓症のリスクが高い方であっても本人に十分リスクを説明したうえで同意があれば利用することも考慮しなければならないと思います。

今の産婦人科を再診して酷い出血状況である事を伝えて血液検査をしてもらうと共に新しい治療を検討してもらうか、今の主治医が信用できないと言う事であれば他の産婦人科を受診されても構わないと思います。

大量出血についてはいつおさまるかは、今のところ原因も分からない上に治療を何もしてない状態なのでいつおさまるか全く予想できません。そのため、明日にでも再診するか別の病院を受診するのがいいと思います。

他にホルモン剤の投与を控えた方がいい方は、肝機能障害や乳癌,動脈血栓症の既往,心血管リスクなどがあります。

dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 8748
経験: 大学病院や総合病院の勤務経験あり
dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございました。近くに婦人科が今行ってる所以外ないので、少し探してみます。つ

医療 についての関連する質問