JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 6002
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

アルコール性肝機能障害で1カ月ほど前まで、点滴と注射で治療を受けていました。数値がある程度、落ち着いてきたのですが、その

質問者の質問

アルコール性肝機能障害で1カ月ほど前まで、点滴と注射で治療を受けていました。数値がある程度、落ち着いてきたのですが、その後、治療を継続していません。ここまた、数週間、お酒を飲み始めてしまいました。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 52歳、男性です。服用中の薬はないです。右わき腹に違和感があったのですが、今日になって右わき腹がいたいのです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: お酒がやめきれないので、その対処も合わせてお願いします。
投稿: 16 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr わか 返答済み 16 日 前.

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
ご相談には順次対応しております。お時間を要して申し訳ありません。

専門家:  Dr わか 返答済み 12 日 前.

アルコールでは、アルコールが抜けるときに離脱症状が出現し、そのために点滴と注射の対応が行われていたと思います。

現状では、再度の飲酒によって膵臓に負担がかかり、そのために右の腹部に痛みがでている可能性がかんがえられます。このような状態では急性膵炎の可能性もあります。点滴にて水分をたもって、肝臓の負担をへらし、離脱症状を予防することが大切です。お酒を止めるためには、ご自身の対応のみでは難しいことが多く、基本的には入院治療を要します。さらに断酒会などで第三者とも辛さを共有することが大切です。

ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

専門家:  Dr わか 返答済み 6 日 前.

ご相談に関して1日に返信させていただいております。回答は確認いただけましたでしょうか?
疑問の点、ご心配の点がありましたら、ご記載をお願いいたします。
追加のご質問がなければ、お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても追加料金などは発生いたしません。
よろしくお願いいたします。

医療 についての関連する質問