JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 7650
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

初めまして、父が前立腺癌 5段階の5と診断されました。 66才 男性

ユーザー評価:

初めまして、父が前立腺癌 5段階の5と診断されました。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 66才 男性 リンパに転移があり。本日その診断を青森市民病院で受けました。数値が高すぎるため、まずはリュープリンという薬を打ちました(半年分)。1っか月ごとに数値の変化を確認し今後のどうするかを判断するしか今は無いということでした。1つの病院の意見しか聞いておりませんので、その方針で良いのか悩みご連絡をさせて頂いた次第です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今までにガンの既往歴は無し。両親にもガンにかかったものはおりません。数値が高すぎるとのことでしたが。具体的な数値までは私は聞いておりませんので、検討に必要であれば、聞いてみます。リンパ以外への転移はその病院では見受けられないそうです。以上です。よろしくお願い致します

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

質問者: 返答済み 6 日 前.
承知いたしました。よろしくお願い致します

既に転移のある前立腺がんの場合手術療法は適応にならず(リンパ節転移も転移です。)ホルモン療法や放射線療法、化学療法と言ったものが適応になります。

リュープリンは男性ホルモンを低下させるホルモン療法のお薬ですね。

LH-RHアゴニスト(酢酸ゴセレリン/商品名ゾラデックス、酢酸リュープロレリン/商品名リュープリン)と呼ばれる注射剤です。

ホルモン療法は転移がんの場合、第一に選択される治療法です。

5段階の5というのは生検のクラス分類の結果だと思いますが、前立腺がんの場合生検の結果を元にしたグリソンスコアというものががんの性質を知るのに重要ですので、次回受診時にグリソンスコアが何点なのかきいてみてはどうでしょうか。
グリソンスコアを含め、前立腺がんの一般的なことがらについて下記のページをひととおり読まれてみてはどうでしょうか。

https://ganjoho.jp/public/cancer/prostate/treatment.html

 

数値が高いと言われているのはPSAという数値と思います。

今行っているホルモン治療の効果をおしはかる目安になります。PSA値が、0.2未満にまで下がれば、そのままホルモン療法を続けることができます。0.2未満に下がらない場合は、今の薬への反応が悪く、がんを抑えきれない確率が高いので、他の治療法を検討することになります。

 

がんと言われればご不安になるのは当然のことです。

現状の治療として何か重大な問題があるとは思いませんが、他の意思の意見もきいてみたいということであれば検査データを含めた紹介状を書いてもらい、大学病院やがんセンターなどにセカンドオピニオンをきかれてもいいと思います。

 

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問