JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 878
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり
107621047
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

84歳になる父についてご相談です。入院中に誤嚥性肺炎引き起こしタンの量が多い為、絶食して点滴治療を行なっていたのですが、

ユーザー評価:

84歳になる父についてご相談です。入院中に誤嚥性肺炎引き起こしタンの量が多い為、絶食して点滴治療を行なっていたのですが、物を飲み込む力が弱くなり現在、水を飲み込むこともできない状態です。
2/9(日)に不整脈が発生。少し前から肺に水が溜まっていたが、2/11(火)にレントゲンを撮ったところ、両方の肺が真っ白の状態。心不全、呼吸状態の悪化により酸素マスクを付けている状態。マスクを外すと血中酸素濃度が85以下まで下がってしまいます。栄養状態も悪く点滴も経管栄養も上手く取り込めず全身に水があふれている状態です。
現在の父の状態から酸素マスク無しで生活できる状態まで回復させることは、可能なのでしょうか。可能であるならば、どの様な治療方法が有効なのでしょうか。
現在、投与しているのは、高カロリー輸液用基本薬、ハンプ1000、注射用水、ブドウ糖注射液、生理食塩水、ヘパリンNaです。

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いします。

お父様の体調のこと、大変ご心配と思います。肺炎、心不全があり、肺に水が溜まると肺の酸素を交換する部分が減ってしまうため、酸素の取り込みが低下してしまいます。治療では肺炎の改善に合わせて、心臓機能の安定を図るように取り組まれていると思います。肺の水を抜くように利尿剤も使用されていることも考えられますが、ご年齢を考えると、急な利尿は危険なため少しずつ調整されていると思います。これらの改善があれば、酸素マスクを外せる位に改善される可能性が考えられます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
ご回答いただきありがとう御座います。現在の方法以外に、有効な治療方法はあるのでしょうか。

ご記載ありがとうございます。

現状の感染対策と心不全治療が対応としては継続が必要と思います。栄養状態が不良の場合、血液中の水分を血管内にとどめる作用が弱まり、肺などに水が漏れ出やすくなってしまいます。輸液内容からは、その対策もとられていると思います。

Dr わかをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
ご回答いただきありがとう御座います。状態が改善されるまで、現在の治療方法を継続する以外に無いと言うことですね。承知いたしました。
貴重なお話し、ありがとう御座いました。

ありがとうございます。

ご不明な点がございましたら、またご質問相談ください。

医療 についての関連する質問