ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 9135
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

私の娘26歳がスイスの自殺ほう助団体の手助けにより3ケ月後スイスに渡航、自殺執行が認められたとのことです。信じがたいこと

ユーザー評価:

私の娘26歳がスイスの自殺ほう助団体の手助けにより3ケ月後スイスに渡航、自殺執行が認められたとのことです。信じがたいことですが何かが変と感じています。親としては阻止したいのですが、本人の希望であれば命さえ守れればと思います。対応に困っています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 佐賀県神埼市神埼町本堀2949-18
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 本人は難病を患っています。

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
23452;しくお願いします。

ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?
状況を記載頂いたのみで回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。

回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋はトラブルの原因になるので行えません。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
26412;人は7歳の時より難病CIDPを患っていましたが、主治医の山口大学病院神田教授によりますと治療の途中でありスイスの自殺ほう助団体へ治療経過について連絡を取ったことはないとのことでした。 尚、私夫婦ともに本人の自殺に賛成していません。スイスの自殺ほう助団体はNHKのドギュメンタリィー特集で放映されていましたのでその存在は承知していました。宜しくお願いします。

ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?
具体的にどのようなことを回答すればいいのか、回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。よろしくお願いしますなどのアバウトの依頼で回答を得たいことを明確にされない方にかぎって、一般的な事を記載すると、一般的なことでがっかりした、既にネットで調べて知っている等と言われマイナス評価されることがあるのでこちらも説明損になりますから、回答を得たいことを明確にしてください。

回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋はトラブルの原因になるので行えません。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
32032;人ですが次の2点からより自殺を阻止できればと思います。
1本人に自殺を思いとどまらせる。
 入退院を7歳から27歳までの間60回ほど繰り返して治療を継続しましたが効果はなく、本人は治療に懐疑的です。また
 ベットに寝たきりで生きることへ希望もなく無気力な状態と見れます
2スイスの自殺ほう助団体への再審査請求
・ どのような経緯で自殺が認められたのかが全く不明、合法的殺人としか思えません。
・患者の両親は反対している。(CIDPの治療の途中にあるこことと、自殺願望は別の病状なのでは?正常な判断とは思えない患者を他国の法律で合法的に自殺させることは理解できません。)何か良い方策があればと思います。何とかしたいのですが何もわからす途方に暮れています。娘の命を助けたい一心です。

既に方針が立っているようなのでその方針で動かれては?

本人への説得を継続しながら、団体への再審査請求を出すということなのでそれでいいと思いますよ。

本人への説得する場合は、頭ごなしに否定から入らない事ですね。

そのように娘さんが思うに至るには様々な思いがあったわけですから、どうしてそう思うのかをよく傾聴し、でもとかダメとか言わず、それは辛かったねなど傾聴してください。そのうえで貴方の事がとても大事なので私たちは死んでほしくないという思いを伝えられては?否定ばかりすると相手も頑なになります。

うつ病の可能性もあるので精神科の受診もすすめられては?

主治医にも相談されては?

精神保健福祉センターにも相談されては?

弁護士にも相談されては?

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
31934;神科の受診,主治医にも相談,精神保健福祉センターにも相談はせていただいていますが、本人の自殺願望に変化はなく、なんとかならないか手をつくしていたところで本窓口に出会いました。引き続き合わせて弁護士様ともご相談をもし可能ならばと思います。

医療 についての関連する質問