JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 7448
経験:  大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

初めまして、昨年12月5日妻が脳梗塞で、旭川赤十字病院に運ばれ現在入院治療中です。 年齢は49歳です。

質問者の質問

初めまして、昨年12月5日妻が脳梗塞で、旭川赤十字病院に運ばれ現在入院治療中です。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年齢は49歳です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 脳梗塞にで脳のダメージが大きく、小脳、隋脳の部分が脳梗塞で、右側手足、言語、意識、の後遺症がでています。2月4日まで次の病院を決め転移しなければいけない状況です。医師からは今後どこまで、回復出来るか現状ではわからないとの事でした。次の病院はリハビリを専門とした病院に転移を考えているのですが、今後の良い治療、リハビリねアドバイスをいただけないでしょうか?Customer: Chat is completed
投稿: 15 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 14 日 前.

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることをご了承ください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 14 日 前.

残念ですが一度死んでしまった脳細胞を生き返らせることはできないので、今後の良い治療といわれましても、ありません。

できることはリハビリくらいになってしまいます。

リハビリのアドバイスとは具体的にどのようなものでしょうか?

それは病院の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士とともに現状にあったものをしていくということになります。

外来になった際にもっと頻度を増やしたい場合は自費リハビリと言う方法もあります。

医療 についての関連する質問